ママ友との付き合いに疲れた時に参考にしてほしい体験談

ママ友



幼稚園の送り迎えや学校の授業参観、夕飯の買い物など、色々な場面でママ友とのお付き合いがあります。

どうせなら人間関係は円満でありたいものですが、ママ友との付き合いは疲れてしまうことも多いですよね?

そこで今回は、ママ友の付き合いが疲れてしまう原因やママ友との疲れない付き合い方を体験談も交えて解説していきます。

ママ友との付き合いはどうして疲れるの?

ママ友といると疲れる理由は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

①ママ友との付き合いは「気を使う」

②ママ友と「気が合わない」

③ママ友に「嫉妬される・嫉妬してしまう」

ここからは、それぞれについて解説していきます。

①ママ友との付き合いは「気を使う」

基本的に、ママ友との出会いは「子ども」ですよね?

例えば、子どもの幼稚園や学校が同じだったり、ご近所さん同士といった場合など、子どもを介して知り合った人間関係なので、ついつい気を使いすぎてしまって疲れてしまいます。

実際に

・我が子がやんちゃだと、お呼ばれしても子どもの行動が気になって落ち着かない

・子どものお友達がやんちゃなタイプの場合は、ママ友の手前なかなか注意がしづらいので我慢するしかなくてストレス

といった声がママたちの間でよく聞かれます。

人間関係というのは、大なり小なり多少気は使うものです。

特に、ママ友との人間関係の場合、悪い結果が自分だけでなく子供にも反映する可能性があると考えてしまって異常に気を使ってしまい、ママ友付き合いが疲れてしまう原因の1つになっています。

②そもそもママ友と「気が合わない」

基本的にママ友との関係は、子どもを介して始まる関係です。

必ずしもママ同士が意気投合してお付き合いが始まるケースばかりではありませんので、そもそも気が合わないと割り切ることも時には必要です。

そのため、

・子ども同士は仲が良いんだけど、ママさんとはイマイチ合わないような気がする、、

・子どもの遊び相手のことを考えて、無理してママ友との付き合いを続けてしまう

という声もママからは比較的よく聞こえてきます。

③ママ友に「嫉妬される・嫉妬してしまう」

基本的に、女性というのは「嫉妬深い」生き物です。

ママ友とのお付き合いの中では、お互いの家を行き来したり、一緒にお出かけしたり、一緒に行動することが多くなりますよね?

そうすると、住んでいる家の状態や、垣間見える金銭感覚などがついつい目に入ってしまいます。

お互いの格差が気になり出すと、それが次第に疲れの原因になってしまうこともあります。

そして怖いのは、嫉妬をこじらせてしまうと、相手を無視しだしたり、周りに悪い噂を立てたり、孤立させようとしたりするママさんがでてくるところです。

こうなってくると、「ママ友疲れ」だけですむ話ではなくなり、精神的に病んでしまったり、生活に支障をきたす場合も出てきます。

ママ友との付き合いから離れらない心理とは

ママ友との付き合いに疲労を感じているのに、ママ友との付き合いから離れらないと悩んでいるママもいます。

その裏には、どのような心理が隠れているのでしょうか。

①ひとりになるのが怖いと思ってしまう

「ひとり=友達がいない」という思考パターンの人は、自分が周りからそのような目で見られるのを恐れているタイプの人です。

例えば、運動会や授業参観などのイベントなどで、1人でポツンとしているママさんを見かけたとします。

そんなママさんを見かけたとき、あなたはどのように思うでしょうか。

「かわいそう。友達いないのかな」と思う人は、ママ友関係に疲れやすいタイプの人です。

そのため、多少気が合わなくても「ひとりぼっちで行動するよりはマシ!」と思って、嫌々ママ友さんとつるんでしまいます。

「ママ友とのお付き合いよりも、ひとりぼっちになる方が精神的に辛い」というのであれば構いません。

しかし、ママ友付き合いも実は疲れているけれど、子供関係の行事などで「ひとりぼっちになりたくない」という理由でママ友関係を続けていませんか?

それでは、無駄にストレスを溜め込んでいるのと同じことです。

「ポツンとひとりでいる人=友達がいない人」だと思うのは何故でしょうか。

たまたま引越ししてきたばかりの人かもしれませんし、教育方針の問題から、どうしてもその幼稚園に入れたくて遠くから通っている人かもしれません。

または、幼稚園でひとりで行動していても、実はものすごく社交的な人で、幼稚園以外では交友関係が広い人かもしれませんよね?

ひとりで行動しているママの多くは、好きでそのようにしています。

体験談:ママ友とつるむ理由が見出せない。

 

幼稚園や学校行事などでママ友とつるむ理由が全く見いだせません。

授業参観の時にひとりで行動していると、自分のペースで参観できるし、好きな時に帰れます。

だから、ママ友と一緒に行動しようとは思いません。

もちろん、長男の小学校でも次男の幼稚園でも、会った時にちょっとお話をするママ友は何人かいます。

でも、いつでもどこでも誘い合わせて行動しようとは思いません。

②我が子の友人関係への影響を心配してしまう

 

「ママ友と仲良くしておかないと、我が子の友人関係に響くのでは」と考えてしまって、無理してママ友付き合いを無理していませんか?

「ママ友もめてしまうと、子供が仲間はずれにされてしまうのでは」と思思い、周りのママに気を使って何かとお誘いにのってしまうということもあるかもしれません。

しかし、子どもというのは、いつの間にか自分で人間関係を作っていきます。

子ども同士の仲が良ければ、必然的にママ同士も接触する機会は増えます。

反対に、ママ同士の付き合いがそれほどなくても、子ども同士は勝手に仲良くなっていきます。

ママたちががっちりとグループを作ってしまって、子どもたちもその中でしか人間関係が築けないような環境である方が問題です。

ママ友との関係はいつまで続く?

・最低でも中学生までは一緒の学校になるし、仲良くしておかないと

・同じマンションだから今後もずっとお付き合いは続くし、仲良くしておかないと

などと考え、苦手なママ友とも無理して仲良くしておかなきゃいけないと思いがちですが、近い存在のママとのお付き合いこそ、そこそこにしておくのが無難です。

何故なら、子どもの進学先や家庭環境など比較されやすい状況だからです。

例えば、大きくなって受験シーズンになると、志望校に落ちた受かったで嫉妬の種ができてしまいます。

子どもの幼稚園が同じであっても、小学校から別々になる可能性も十分にあり得ますし、仕事の都合でいつ転勤になるかもわかりません。

その時は、ママ友との関係が永遠に続きそうな気がしてしまいますが、実はそう長くは続きません。

幼稚園を卒園したら、仲が良かったママ友と疎遠になったというのも良くある話です。

理想のママ友関係とは?

 

理想のママ友関係とは、どれくらいの距離なのでしょうか。

会った時に挨拶ができて、ちょっとした世間話ができるくらいの距離感がちょうど良いのではないでしょうか。

その場その場で後腐れなく会話できるような関係が、無理もせず疲れもせずにベストな状態でのママ友関係です。

「ママ友がいないと情報が回ってこない」などと巷では良く言われていますが、会えば話ができるママ友が数人でもいれば、いろいろな情報も貰うことができますよ。

終わりに

ここまで、ママとのとの付き合いが疲れてしまう原因やママ友付き合いから離れられない心理、理想のママ友関係について考えてきました。

長い目で見ると、煩わしく感じるママ友との関係もそれほど長くは続きません。

一時的なものと割り切って、自分が心地よいと思える適度な距離感でもお付き合いを心がけると、ママ友付き合いも楽になりますよ。