結婚式のパンプスのシルバーカラーも全世代に人気です。

パンプス



最近は、結婚式や披露宴でこだわりがある演出をよく見ます。結婚式の装いも式場の演出も時代とともに流行があったり、変化していきますが、それはご招待を受けたママたちにとっても同じなんですね。

今どきのパンプスでは、種類も豊富にあります。特に、他のママたちが選ぶ人気が高いデザインや色が気になりますよね。

そこで今日は、ママたちの間で人気の高い色を厳選してご紹介していきます。結婚式のあれこれマメ知識もご一緒に楽しんでみてください。

パンプスの色は「シルバー」がトータルバランスの優等生

引用:https://www.pinterest.jp

結婚式では、特別な場所でもあり人生で重要な格式あるイベントなので、着飾ってくる人ばかりですのでマナーを守りつつ美しい装いで参加したいものですよね。

そんな時に注目したい色が、シルバーです。画像のようにシルバーなら上品なうえ、どんな色やデザインでもスマートに映えて、ドレス姿をしっかりと決めてくれるパンプスになります。

派手すぎないのに、きちんと感とキラキラした華やかな存在があるので、シルバーは全世代に人気が高く、人気の高いパンプスの色なんですね。

シックな色だと、カッコよくも色っぽい雰囲気が出て女子らしくなります。また、華やかなオレンジ等のカラフルドレスを選んだ場合もキラキラが控えめでドレスの良さをさらに引き出してくれる優等生カラーなのです。

結婚式で履くパンプスの色に決まりはないの?

結婚式へと招待されたら、真っ先に気になるのは「何を着ようかしら?」と着ていくドレスの方にばかり気にしてしまいがちになる人も多いようです。また、バランスよくドレスに合わせるパンプスの色次第ではマナー違反になることを考えると、パンプスの色は結婚式での装いでは重要な役割を果たしているようです。

結婚式では、制服のような決まりはありませんが、大人としてある程度はマナーが要求される場所でもあります。そういった意味では、独身の時のような装いでは、マイナスになってしまうこともあるのですね。

では次にマナーや結婚式の意味を改めて考えてみます。

意外と知らなかった靴色のマナー

引用元:http://girlschannel.net/topics

とても可愛らしいパンプスではありますが、画像のように「白」というのは避けておく方が良い場合もあります。例えば、ドレスもパンプスも白になってしまうと、どちらが花嫁さんなのか分からなくなってしまうほど、花嫁さんの家族に対しても失礼にあたる場合が出てくるからなんです。

結婚式の当日だけは、花嫁さんに「白」の主役として花を持たせてあげることもお祝いするうえで大切な気がします。(※もちろん白は絶対にダメと言うわけではないので安心してくださいね。)

ただ、組み合わせによっては「白」でもNGとされないことも増えています。そんなときにはドレスの白ではなく、小物やアクセサリーを上手に合わせて上品に決めると良いですね。

フォーマル感VSカジュアル感

引用:https://www.pinterest.jp

また、画像のデザインは普段のおしゃれで履くのはとても魅力的なのですが、結婚式では両家のお気持ちを考えるとお勧めできるデザインとは言えないのです。ヒールが太いものより、細いものの方が上品さが増すことがあります。それからヒールが太いとカジュアル感が出てしまい、結婚式の特別感が欠けてしまうからです。

フォーマル(セミフォーマル含む)

  • 格式高い公式での礼服など
  • 新郎新婦や両家の親族などのファッション等
  • アフタヌーンドレス(昼の出席者)
  • イブニングドレス(夜の出席者)

カジュアル(スマートカジュアル含む)

  • きれいめのワンピース
  • 上品なブラウスやスカートの組み合わせ
  • 小ぶりなバッグなど

フォーマル感が必要な席に出席する場合には、フォーマル系でのファッションにしていきましょう。また、カジュアルというのは「ラフで気軽な服装」だと誤解している人もいるようです。mama’sが考えるカジュアルは、「気を遣わなくていい程度の気軽な服装の中にも上品さを求められるファッション」ということになりそうです。

色1つをとっても、ヒールの太さ1つをとっても、そこへの気遣いからすでに相手を祝福する気持ちが始まっているともいえますね。もし反対の立場だったら、ここまで心を尽くしてくれると嬉しいものです。

結婚式で履くパンプスのデザインとマナー

引用:https://www.pinterest.jp

先ほどは、結婚式のパンプスの色についてお話をしてきましたが、ここではデザインについてもお話していきますね。

同じシルバーでも画像のようにデザインは、それぞれ種類も豊富に購入することが出来ます。そのときに少しだけ気を付けて頂きたいのがヒールの高さなんですね。

結婚式では、画像のようなシルバーのパンプスが美しく人気も高いです。ですが、この画像のようにヒールが低い(いわゆるぺちゃんこ靴)パンプスだと、これもまたカジュアル感がありすぎて好ましくないということです。出来れば、5㎝前後のパンプスがバランスよく履きこなせて結婚式にふさわしいものとなるのですね。

ヒールの高さ

ヒールは出来るだけ、3㎝~5㎝くらいのものを選ぶとドレスを着た時のバランスが良くなり全体的にも美しいシルエットが決まってきます。中でも、出来るだけ細めのヒールを選ぶだけで、ドレスの美しさも際立つということを知っておくと良いですね。

赤ちゃんとママが参加するとき

ドレスを着た時に、大人の女性として美しく見えるのは確かにヒールが高くて細いものを選ぶのが基本となります。ただし、妊娠中の人や乳幼児を抱えている人は、体調を最優先するようにしましょう。

転倒をしてもいけないので、無理をせずにヒールの低いもので参加をさせて頂きましょう。また、授乳中の人は動きやすく、赤ちゃんに母乳を飲ませやすい服装を選びましょう。

引用:https://www.pinterest.jp

さらに次の画像では、つま先が出ています。ペディキュアも素敵なので見せたいところですが、このようにつま先が出ているタイプも結婚式では避けておいた方が無難です。

つま先が出ているパンプスは。「妻が先」つまり「妻が先立つ」と関連して意識されているようです。もしかしたら「気にしすぎでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、もしそうだとしても結婚式くらいは縁起の良いもので包んであげてみてはいかがでしょうか。

縁起の悪いものや、人々が忌み嫌うものをわざわざ履いていくことは、自分のためにも家族のためにも良いことだとはいえませんよね。晴れの門出をみんなでお祝いする席ですので、出来るだけマナーを守って新郎新婦のためにも楽しい思い出を作って差し上げたいものですね。

ストッキング

ストッキングは必ず履くようにしましょう。春夏に多くなる素足の場合は、結婚式や格式ある式典などではカジュアル感が強すぎて、残念ながらNGと捉えられることが多いようです。

  • ベージュ系 ➡ ○
  • ラメ入り ➡ ○
  • ストーン ➡ ○
  • 黒 ➡ ×
  • カラータイツ ➡ ×
  • 網タイツ ➡ ×

また夏のサンダルのように素足にパンプスというスタイルだと、他の列席者がフォーマルなのに対して会場でも浮いてしまうので、透明感のあるカラー(ベージュ系)などを選ぶとパンプスを履いた時に足がより美しく見えます。

あなたはどっち?結婚式に着ていくドレス

深いグリーンのドレスは、肌に透明感を与えてくれるので、表情が引き締まって美しく変身することが出来そうですね。緑色は、難しい色とされていますが、これくらいの深いグリーンなら合わせやすいこともあり、全体的に上品に映りそうです。

ご紹介したシルバーのパンプスも似合いますよね。このようにシルバーのパンプスは、どんなカラーにも合わせやすく、会場でも華やかさを併せ持つのでmama’sでは優等生カラーではないかと考えます。

引用:http://dc-note.com/actress-model-dress

画像は押切もえさんです。押切もえさんのドレスの色は、華やかな存在ですが、優しい雰囲気があふれる色ですよね。ちょうどmama’s世代の女性をきれいに見せてくれる色やデザインなのではないでしょうか。

シルバーのパンプスだと、ドレスの印象に邪魔することなく上手くまとめ上げてくれる組み合わせとなりそうです。こうして、きれいで優しいといった雰囲気を併せ持ち、女性としての魅力も多いのがmama’s世代なんですよね。

また、着物を着つけてもらうのも上品で素敵ですが、母乳を与えている人は赤ちゃんとのタイミングもあるので避けた方が良いかもしれませんね。結婚式では、無理をせず体調や赤ちゃんの状態を最優先して参加してください。

最後にmama’sからママへのメッセージ

引用:http://dc-note.com/actress-model-dress

シルバーのパンプスは、世代を超えて愛されているのが分かりましたね。上品であり、ドレスとの組み合わせによっては可愛らしくも着こなせるパンプスは、結婚式以外でも重宝しそうです。

デニムとシルバーのパンプスを合わせると、クールなイメージの中にも洗練された女性の雰囲気を出すことが出来るので、おしゃれの幅も広がりそうですよね。キラキラしているけど、でしゃばりすぎない存在がみんなに選ばれている理由の1つなのではないでしょうか。

また、子ども達を預かってもらって、たまにはママもパパとデートするなど、デート服とシルバーパンプスで、おしゃれをする機会を作れるようにするのもストレス解消とママの体調を整える意味で大切かもしれませんね。

その世代にしか着こなせないシルバーのおしゃれを楽しめるようになると、シルバーパンプスに負けないほど、きっとママの笑顔に輝きが増していきます。