結婚式のネクタイは赤?白?シルバー?何色が一番オシャレ?

ネクタイ



友人や身内から結婚式の招待状かメールがきた!ネクタイの色ってどうしたらいいんだろう・・・?

赤でシックで上品に決めたいなぁ、でもやっぱり常識的に考えたら白かシルバーかな?って考えを巡らせている方いると思います。

急なお誘いが来てもおかしくない結婚式の場面だからこそ、生活の知恵になるようなネクタイの色を是非とも知りたいですよね。

結婚式のネクタイって赤・白・シルバー何色がおしゃれに見えそう?

https://ayanaresort.net/jp/wedding/media/324/

男性で、花婿でも、二次会の場でも、ネクタイは何色がおしゃれに見えるのでしょうか?何気ない色使いが社会人としてのマナーや、場違いな色なんてことにならない予防策になりますね。

そこで、本日は、結婚式の花婿も友人、親族などのゲストも身に付けて違和感なく、オシャレなネクタイの色について紹介していきます。

結婚式のネクタイ!白とシルバー編

定番のシルバーや白は”おじさん感”?!若者はカラーが多し

https://store.shopping.yahoo.co.jp/styleequal/tm-tiechiefset.html

スタンダードな色としては、昔ながらの白か、シルバーがおすすめです。

光沢のある素材や、白無地、白地にシルバーのストライプ柄などもその場に馴染む色として親しみやすさがあります。

近年では、パステルカラーも許容される時代となってきています。

若い人からすると、白は年配や年上男性が身に付けるような色と思われている節もあり、カラーを選ぶ傾向も多いようです。

スーツに合わせた明るい色は結婚式に適していますし、身近な人の結婚式でもおめでたい場に出席するというだけで心晴れやかになれますね。

ドットやストライプなど柄が多少入っていても、黒や灰色など暗い色でなければ大丈夫です。

黒でなくても黒に近い色は、葬儀を連想させるので、NGです。

但し意外なのが、海外では黒はフォーマルな場のネクタイの色として知られているので、黒がまったくダメというわけではありません。

ですが、日本では黒のイメージがあまり良くないみたいなので、少し考えて選ぶといいかもしれませんね。

他にも、アニメのデザインの物や、こちらのような如何にも派手なものは控えた方が良いですね。

https://www.evastore.jp/products/detail/2522

ただ、以下のようなアニメとタイアップしたネクタイでも、アニメっぽく見えないワンポイントのデザインの場合は、場の空気に浮かないと思います。

https://www.evastore.jp/products/detail/2520

白とシルバーがオシャレに見える結び方

シルバーや白は清潔感や爽やかに

http://www.good-manner.jp/?p=29

こちらの画像のようにアクセサリーを添えると、場に相応しいきちんと感のある服装になりますね。

容姿端麗なお顔立ちでも、服装がだらしなかったり、ネクタイの色一つで”遊んでそう”って思われたら勿体ないですよね。

冠婚葬祭の場は、楽しくて賑やかだけではないので、ちょっと意識を変えるだけで素敵に見えますよ。

 

オシャレで大人に見える!エルドリッジノット

http://www.shin-tan.com/necktie

エルドリッジノットという結び方を知っていますか?ネクタイをする男性は聞いたことがあるかもしれませんね。

この結び方って一見難しそうですが、こちらの動画を参考にすれば、初心者の方でも一味違うおしゃれな結び方が出来るようになりますよ。

他にも、えくぼを作るようなディンプルという結び方もあります。

立体感と見た目の印象が変わりますので、こちらの結び方もネクタイをおしゃれに結ぶ方法として参考にしてみてください。

結婚式のネクタイ!赤編 真紅な色はどう見える?

結婚式のネクタイで、赤のネクタイは周りからちょっと派手だけど、存在感も良い意味で目立つのではないでしょうか。

特に、秋・冬には、ボルドーやワインレッドを選ぶと良いですよね。

光沢のある素材だと、赤のネクタイも落ち着いた大人の印象を与え、ビジネスイメージがなくせます。

赤のネクタイは、積極的、やる気、行動的な前向きなイメージを持たれることが多い色だそうです。

鮮やかな赤は若さと新鮮さを表現していて、お祝いごとの場には白やシルバーと同じように適した色だそうです。

しかし、結婚式でも親族同士の場合は、ゲストでなく、招く側の一員となるので、赤よりも白やシルバーを選んだほうがいいかもしれません。

どうしても赤のネクタイを結びたい場合は、新郎より目立たなくするためにも、光沢を残しつつ、柄は控えめにするといいでですよ。

友人の結婚式の場合なら、ゲスト側になるので、新郎よりも目立たないことに配慮すれば、赤を選んでも違和感ないでしょう。

カラーネクタイやストライプ、ドット柄は年配の方にも親しみやすさを感じさせます。

結婚式というお祝いの場にいるので、ハート柄なども悪くないのですが、あまり派手なデザインのものは控えましょう。

そこで、次は赤のネクタイのおしゃれな結び方を紹介しましょう。

ちょっと派手めでもこう結ぶとオシャレです

以下の動画を参考にしてみると、赤のネクタイでもおしゃれで見栄えが良くなりますよ。

ネクタイをおしゃれに結ぶコツを覚えたら、結婚式以外の場でも活かせそうですよね。

以下の2つは、ウィンザーノットとトリニティノットという結び方の動画になります。

こちらはローズバッドノットという結び方です。

薔薇のようになっているネクタイの頭部分がおしゃれにも見えますし、大人可愛いですね。

結婚式のネクタイの色で悩んでいる方の対策法

結婚式のネクタイの色で、悩んでいる方は今どき多いようですね。

そこで、今の時代だからこそのSNSを参考にして結婚式のネクタイの色について、自分はこうした!というお役立ち情報をお届けします。

黒は基本的に、葬儀などマイナスなイメージを与えてしまいかねないので、薄地の黒以外の色を選んだ方がいいですね。

https://twitter.com/5_nanami/status/1021891831666069505

こちらの画像のように、蝶ネクタイの場合は黒っぽいダークな色でも受け入れられそうですね。

ただし、蝶ネクタイは夕方から夜に結ぶ装いとしてつけるのが常識です。

蝶ネクタイで、赤、白、シルバーを使う時は意識しましょう。

こちらの方は昼間でもつけていますが、会場の規模や、親族以外の友人の結婚式などのフォーマルでもやや、カジュアルでアットホームな場なら許容されるところもあるかもしれませんね。

写真を見る限りでは、色は白かシルバーを選んだほうがよさそうですね。

他にも結婚式のネクタイに迷いすぎて時間がない方は、こちらのようなスーツ専門店のフォーマルセットを買うのも一つの手です。

赤のネクタイを選ぶ場合も、こちらの方のようなストライプ柄のえんじ色なら問題ないかと思います。

まとめ 会場や自分以外の参加者の状況で色を決めよう!

結婚式のネクタイの色は、何色が良いかを基準にするのではなく、自分以外の参加者のことを考えて色を決めるといいですね。

会場の規模や、親族同士なのか、友人の結婚式なのかによって、色が柄がその場に適しているかどうかだけでなく、それを身に付けている貴方自身も周りから思われる印象が変わってきます。

一番無難で、自分よりも上の世代の方がいても無難なのは白やシルバーですが、赤など違う色をしていきたい場合は、えんじ色や以下の画像のような真っ赤ではない落ち着いた深みある赤を選ぶのもおすすめですね。

結び方も女性にはあまり馴染みありませんが、ウィンザーノット、トリニティノット、エルドリッジノットなどの粋でおしゃれな結び方もあります。

今は、ネクタイをするのが社会人なりたてで不慣れな方でも、社交の場に出る時に活かせるように、動画でのやり方も豊富です。

そちらも是非、結婚式へ行く前に結び方の練習に使ってみると、周りからのあなたの印象も良くなるきっかけになりますよ。