結婚式のパンプス ヒールの高さは5cmが理想なんです!

パンプス



季節に関係なくお祝いされることが多くなった結婚式では、ママたちの間でパンプスの話題が多くなってきました。「独身の時と違って、どんなパンプスを履いていけば失礼にならないのかしら?」と迷っている声が聞こえてきそうですね。

そこで今日は、結婚式のマナーとしてヒールの高さに注目してみました。結婚式に関するお役立ち情報も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

パンプスのヒールは5㎝が理想

引用:https://www.pinterest.jp

mama’s世代にとっては、出来れば華やかな装いで参加したいものです。育児をしていると改めておしゃれをする機会が減ってくるため、なかなか出来ないドレッシーな装いに挑戦してみるのも良いですね。

実は、結婚式で履くパンプスのヒールは5cmくらいがmama’s世代にとっては、魅力が引き出される美しい高さとなっています。

また「ヒールの高いパンプスは自信がない」と感じる人も、5㎝ヒールにしてみると意外と履きやすいので、1度試してみてはいかがでしょうか。このように5㎝ヒールは、高すぎずに美しさを保てるので、nana’s世代にはぴったりなのですね。

ヒールの高さとフォーマル

フォーマルとは、一般的に「公式の場」とか「格式のある」など正装をすることを意味しています。そのため結婚式では、人生の中で最もフォーマルな場であるのですね。

  • ヒールのないもの~3㎝まで ➡ カジュアル感が強くなるので結婚式には不向き
  • 3㎝~5㎝ ➡ 高すぎずカジュアルにもならない理想的な高さ
  • 5㎝~8㎝ ➡ スタイルを良く見せたいときは効果あり
  • 8㎝以上 ➡ 足を傷める危険もあるので、個人で楽しむ程度にしておく

パンプスのデザイン

結婚式で履くパンプスは、画像のようなパールのデザインやアンクレットを思わせるストラップ付のパンプスが人気となっています。派手過ぎずに、ドレス姿を華やかに見せてくれるので、mama’s世代にふさわしいデザインでもあります。

ヒールが10㎝以上の高さのパンプスや、デコレーションが派手なデザイン、そしてギラギラ光りすぎるデザイン等は避けておいた方が無難です。両家の親族も参加ですので、賑やかなデザインは、プライベートで楽しんだ方が良いですね。

ヒールの高いパンプスと育児

引用:https://www.pinterest.jp

mama’s世代だと、中には小さな子どもを連れて参加の人もいるでしょう。また、お腹に赤ちゃんがいる人も多いと思います。そんな時に高いヒールを履いてしまうと万が一の時に取り返しがつかないことになりますよね。

そんな時には無理をしないか、移動中や待ち時間では靴を履き替えるというのも良い方法です。会場だけパンプスを履いて、移動などひと目に付きにくい場所では自分の足に合った慣れた靴を履いておくと足にも負担が掛かりにくいのでお勧めです。

育児中は予測不能

育児中は予測不能な状態でもあります。突然、食べ物をこぼしてしまったり、泣き出してしまう可能性もあり、ママとしては結婚式の会場で予測が出来ないことも多いでしょう。お誕生が過ぎている子どもでは、走り回りたがったり、思うようにならないためぐずったりすることもあります。

いつものおもちゃやお気に入りのタオルなどをママバッグに入れて持参しておくと赤ちゃんや小さな子どもは安心できるので用意しておくと良いですね。

赤ちゃんと人見知り

赤ちゃんにとっては、特に知らない(いつもは見かけない)人たちがたくさんいるし、余興など賑わうシーンも多く、ママもいつもと様子が違うことを不安に感じ場合があります。

少しずつ月齢を重ねていくと知恵もついてくるため、日中の出来事が脳の中で興奮の原因となってしまうこともあります。そのため、もしかしたら夜の夢に出てくるため「夜泣き」の原因になってしまう場合もあるのですね。

出来るだけ途中で散歩に出たり、おむつを替えるなど、赤ちゃんが少しでも快適に安心できる環境を整えてあげてくださいね。

パンプスの人気色

引用:https://www.pinterest.jp

現在では、花嫁さんと色がかぶってしまう白でもNGではありませんので安心してくださいね。結婚式では、特別な日であり華やかな装いをすることでお祝いを表現することでもあります。そのため、結婚式では光る素材や色を使ったシルバーのパンプスを履くのが結婚式でのポイントとなりそうです。

自分の肌に近い色、色白のママはピンクやベージュなど、健康な肌色の人はベージュやグレージュな色を選ぶと、より似合うので実際に履いた姿を鏡で見るというのも大事ですね。

人気色の理由

シルバーなら何色のドレスにも合わせやすいこと、光るけど出しゃばらずに華やかになるのも魅力の1つです。画像のようにストラップ付のシルバーパンプスだと、可愛さや若々しさがプラスされたシルバーの魅力になります。

また、ドレスがパステル系でも、シックな色でも、ヌーディーカラーは魅力的に映してくれるのでお勧めです。シルバーとは雰囲気が異なり、ヌーディーカラーは優しい雰囲気を作り出してくれるのが特徴でもあります。

結婚式へ行くときのヒールの太さ

引用:https://www.pinterest.jp

画像のように太いヒールのパンプスは、デートやお出かけには可愛らしくて素敵です。しかし、結婚式のパンプスとなると避けておいた方が良いこともあります。独身の頃と違って、○○家を代表する参列の場合もあるでしょうし、友人の結婚式かもしれません。ママとなったことで周囲の目も変わってくることは多いのですね。

  • ヒールが太い(カジュアル感が強い)<ヒールが細い(ドレスが上品に見える)

それから、格式を重んじることが多い日本の結婚式では、カジュアル感が強すぎるとNG扱いにされてしまうことも少なくありません。両家にとっては、正式で特別なイベントにカジュアル感が強いパンプスを履いていくと、とても失礼に当たってしまいます。そのあたりの思いやりも、mama’s世代では気遣っていきたいものですね。

結婚式でのパンプスのヒールは細い方がエレガントで素敵です。また、不思議なもので自分がいつもより女らしい雰囲気をもたらせてくれます。ドレスにも、ヒールが細い方が女性らしくてステキに決まります。

外国の女性などは、パーティーで細いヒールを履いて美しいドレスに身を包み自分の魅力を発揮していますよね。普段は子育てで忙しいママも結婚式へお呼ばれしたときくらいは、いつもより少しおしゃれを楽しんでほしいものです。

高いヒールが心配な場合

引用:https://www.pinterest.jp

小さな子どもを抱っこするシーンでは、とにかく安全に過ごせることが一番です。また、お腹に赤ちゃんが宿っている場合には特に転ばないようにするのが大切です。妊娠中も小さな子どもを連れて結婚式へ参加する場合にも、安全面を最優先して低いヒールを選ぶようにしましょう。

  • おしゃれ < 安全

また結婚式は「おしゃれに決めて行きたいなぁ」と思うママも多いですよね。毎日育児や仕事、家事にと毎日大変な時間を過ごしているママたちにとっては、おしゃれを楽しめるだけでもストレス解消になったりすることもあり大切なイベントの1つです。

  • 足を痛めている
  • 妊娠中(妊娠している可能性がある)
  • 乳幼児のお世話がある
  • 履きなれていなくて不安が強い

ただ、中には上記の理由などで、パンプスが苦手な人もいらっしゃいますよね。ヒールが高いと不安だなと思う人は、無理をせずに高さを抑えても大丈夫です。

最後にmama’sからママへのメッセージ

引用:https://www.pinterest.jp

結婚式のパンプスは、5㎝が理想とされている意味が分かっていただけたでしょうか。mama’s世代では、育児真っ最中であることが多いため、理想と現実に悩むこともあります。

ヒールの高さや色、デザインでかなり印象が変化しているのが分かります。ちょっとした選び方で上品になったり、カジュアル感が強くなったりと変化をすることが楽しめるようになれば素敵ですね。

素材は、ドレスアップをして艶感を出すならエナメルのパンプスが魅力ですし、上品に着こなすならスエードのパンプスなど、ドレスや好みによって素材を変えてみると雰囲気がガラリと変わります。また、画像のように会場の雰囲気でも全く変わってきます。

おしゃれを楽しみたいし色々と挑戦してみたいものの、現実には思うようにならないことも多いものですね。結婚式のパンプスもある程度の参考程度にして頂き、自分の子どもの状態や招待された人との関係性、そしてパーティー形式などによって臨機応変に対応していける結婚式にしていけるようにしてほしいです。