バンブルビー(映画)のネタバレ・あらすじ!評価は高いのか?

バンブルビー

バンブルビーの映画のあらすじと評価を徹底して紹介します。

心優しい地球外生命体のロボットと、父を亡くした18歳の少女が互いに共鳴し合い、惹かれ合っていきます。



バンブルビー映画ネタバレ・あらすじ!

https://front-row.jp/_ct/17208806

父親を亡くし、母と弟と暮らす18歳の少女、チャーリーは、海沿いの小さな町の廃材置き場で、廃車寸前の黄色い車を発見します。

その車に乗って帰ろうとしていると、突然、車がロボットにトランスフォーム(変化)します。

なんと、黄色い車は車ではなく、地球外生命体のロボットでした。

そのどこか憎めない愛らしさと互いに共通する心の寂しさをその地球外生命体が感じていること、お互いに危害を加え合う存在ではないと察知したチャーリーは、それに、「バンブルビー」という名前をつけて「相棒」にすることに。

喉を負傷していて、記憶を失ったバンブルビーが怯えていることを知り、匿いながら絆を深めることを決意。

バンブルビーは、音楽を流して感情表現が出来たり、人間の言葉を理解出来る高性能を持っています。

ところが、心はまさに、天真爛漫な子どもそのもので、音楽や踊る事が好きで、チャーリーを振り回します。

バンブルビーとの楽しい日々は、チャーリーの閉ざされた心を次第に本来持っていた明るさや、精神的な強さを取り戻させますが、バンブルビーは何者かに狙われているようで、チャーリーの日常にその敵からバンブルビーを守る為に戦う非日常的スリルを経験することになるのです。

2018年12月21日にアメリカで、日本では、2019年3月22日公開となります。

映画「トランスフォーマー」シリーズのバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品です。

監督は、トラヴィス・ナイトで、靴やスポーツウェアでお馴染みの、「ナイキ」の創業者をしている父親をもつ、アニメーターでプロデューサーで、父親が経営するアニメーション制作会社のCEOで、アニメーターとしても知られています。

トラヴィス監督は、2013年に公開されたアニメ映画、「パラノーマン・ブライス・ホローの謎」の製作で初のアニメーション作品の製作として関わりました。

また、「KUBO 二本の玄の秘密」という映画では、この作品の声優として、女優のシャーリーズ・セロンや、マシュー・マコノヒーなどが声優としてキャストに選ばれたことで、話題に上がりました。

この作品で、トラヴィス監督は記念すべき監督デビューを果たし、認知度も急上昇していったのです。



バンブルビーってそもそもなに?初めての人でも納得の基本情報

https://gigazine.net/news/20180925-bumblebee-new-trailer/

バンブルビーについてまったく知らないからこそ、キャラクターや物語の世界観がいまいちピンとこないっていう方も多いと思います。

私もその一人です。

バンブルビーは、前述したように、大人気アクション映画「トランスフォーマー」に登場する可愛い地球外生命体で、ビンテージカーに普段は姿を変えていますが、本当の姿は巨大で、純真な心を持つロボットなのです。

画像を見てみると、バンブルビーとチャーリーの関係って、ディズ二ー・ピクサーの、「ベイマックス」に似ていると思いませんか?

純粋な心を持つ女の子、チャーリーと、特殊な能力を持つ地球外生命体、バンブルビーとの深い関わり合いは、心温まること間違いなしでしょう。

「ある理由」から、記憶を失いながらも、なんとも憎めない可愛い性格が魅力のバンブルビーが18歳の父親を亡くして精神的に落ち込んでいる少女、チャーリーと出会って、ロボットと人間との垣根を超えた友情を育むとともに、バンブルビーを取り巻く過去を知り、「何らかの理由」で追われている「彼」を守っていくことで、チャーリーが人間的な成長と、自分の悲しみを乗り越えてゆくところに注目してみてください。

バンブルビーは1980年代初頭に、リカちゃん人形などでお馴染みの、日本の大手おもちゃ会社、「タカラ(現:タカラ・トミー)」から発売された変形ロボットをベースに、アメリカで「トランスフォーマー」として映画のキャラクターとして誕生しました。

下記の画像が、タカラ・トミーから発売されている、バンブルビーのおもちゃとなります。

ちょっとかわいいですね。

映画のように、収納して車のスタイルにも変身できますよ。

https://tf.takaratomy.co.jp/products-lineup/tf_ss/ss-16

バンブルビーのおもちゃは国や世代を超えて長きに渡って愛され続けていて、2007年には「トランスフォーマー」が実写映画化されました。

その後も、「トランスフォーマー」シリーズとして5作品が上映され、バンブルビーの認知度も上昇していきました。

バンブルビーは、「トランスフォーマー」より以前の背景をエピソードにしていますので、映画を見る順番としては、「トランスフォーマー」以前に、「バンブルビー」から見ると良いでしょう。

しかし、急に「バンブルビー」を見ても何がなんだか・・・という方は、以下の順番でのDVDレンタルなどをして、「バンブルビー」上映前の”おさらい”をすることをおすすめします。

①「トランスフォーマー」(2007年)→②「トランスフォーマー・リベンジ」(2009年)③「トランスフォーマー・ダークサイド・ムーン」(2011年)→④「トランスフォーマー・ロスト・エイジ」(2014年)→⑤「トランス・フォーマー・最後の騎士王」(2017年)→⑥「バンブルビー」(2019年)。



バンブルビーの日本語吹き替え版は、土屋太鳳×志尊淳

https://realsound.jp/movie/2019/02/post-312546.html

今回、本作品で声優を務めることで最も注目されているのは、志尊淳さんと土屋太鳳さんです。

特に、土屋さんは昨年、公開された映画、「累」にて、同じく主演の女優、芳根京子さんとの”怪演”が話題となりました。

演技に関しては上手いと好評で、2017年の第9回TAMA映画賞では、最優秀新進女優賞を「トリガール」、「PとJK」、「兄に愛されすぎて困ってます」、「金メダル男」で受賞。

2018年の実在のモデルがいるノンフィクション映画、「8年越しの花嫁」では、第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

「8年越しの花嫁」は、難病と闘い、一命をとりとめるものの、発作的な痙攣や長期間の昏睡状態、さらに、記憶喪失を経験した実在する女性、中原麻衣役を熱演し、そのあまりのリアルさから多くの人の涙と、闘病経験のある当事者から演技に関する称賛コメントが多数投稿されたこともありました。

私も作品の予告編を見た時やメディアで取り上げられていたのを見た時、本当に土屋さんが今、病気と格闘しているかのような「憑依型女優」といってもいい表現力の高さに涙が止まらなかったのを覚えています。

志尊さんは、現在、「ハケン占い師アタル」にて、仕事に情熱がなかったものの、次第に働くことにやりがいや、意識する視聴者が注目する役柄を演じていて話題ですよ。

ドラマ、「半分青い」、「トドメの接吻」、「表参道高校合唱部」など多彩な活躍が見られるイケメン俳優です。

志尊さんもエランドール賞新人賞など受賞歴も華々しいので、声の主演としては期待したいですね。

この他にも、日本語吹き替えキャストに、「スパイダーマン・スパイダーバース」でも、スパイダー・グウェン(グウェン・ステイシー)の声だけでなく、本作では、シャッターというキャラクターの声を演じる、悠木碧さん、オプティマス役に玄田哲章さん、バンブルビー役、木村良平さんが選ばれました。

 

バンブルビー海外版キャストは?特に注目の若手をピックアップ!

バンブルビーの海外版キャストってどんな俳優が選ばれたのか気になりますよね。

そこで、映画公開日前に、若手俳優として期待される、キャストを紹介していきます。

ヘイリー・スタイン・フェルド(チャーリー・ワトソン役)

https://www.ciamovienews.com/2018/12/Bumblebee-Hailee-Steinfeld-on-Who-What-Wear.html

1996年12月11日生まれで、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。

代表作映画は、「トゥルー・グリッド」、「エンダーのゲーム」、「ピッチ・パーフェクト」シリーズ、「スウィート17(セブンティーン)モンスター)」、「スパイダーマン・スパイダーバース」があります。

今回、「バンブルビー」に関しては以下の作品に対する見どころをコメントしています。

この言葉、予告編を見ても、父を喪った悲しみから立ち直れない、チャーリーの人生の転機にもなる「バンブルビー」の存在感の大きさと、物語において、いかに重要なキャラクターであることが伝わりますね。
3月の公開が待ち遠しくなりますよね!そして、予告編で見ても、バンブルビーはやっぱり、可愛いですよね。

2010年の「トゥルー・グリッド」では、放送映画批評家協会賞、若手俳優賞にノミネートされました。

ジョージ・レンデ・ボーグ・ジュニア(ギレルモ・”メモ”グティエレス役)

https://memorylane-media.com/jorge-lendeborg-jr

1996年1月21日生まれで、ドミニカ共和国出身です。

「ザ・ランド」(2016年)「スパイダーマン・ホームカミング」(2007年)、近年では、「アリータ バトルエンジェル」に出演し、今後活躍が期待される若手俳優です。

ディラン・オブライエン(バンブルビー役)

https://www.cinemacafe.net/article/2016/05/06/40217.html

1991年8月26日生まれで、アメリカ合衆国ニューヨーク出身です。

俳優と映画監督として活動していて、2011年のテレビシリーズドラマ、「ティーン・ウォルフ」にて、主人公の親友、スタイル役を演じて俳優デビューを果たしました。

特に、ベストセラーのヤング・アダルト小説を映画化した、2014年公開の「メイズ・ランナー」シリーズでは、トーマス役を演じて知名度アップ。

若手ながら映画ファンにとっては、マニアックな俳優です。

バンブルビーのネットでの評価を調査!ツイッター民の声は?

 

皆さん、バンブルビーの公開を待ち望んでいるようですね!バンブルビーの愛らしさはもちろん、見た人の多くの心に、夢と希望、つらい現実から立ち直る勇気を描いている作品なのではないかと思います。

凛々しい闘う姿と、おっちょこちょいなギャップ萌えをしている方のコメントも見られました。

バンブルビーをアメリカ版で公開されたのを既に見た人と思われるコメントもあり、笑いや迫力、夢がある映画だと称賛していますね。

バンブルビーの日本公開は3月・・・ミツバチを思わせる元気が出そうなビタミンカラー、サファイヤブルーの可愛い瞳、そして、愛するものを懸命に守ろうとする勇敢さは、見逃せませんよね!バンブルビーはなぜ、追われているのか?どこから来たのか?トランスフォーマーの力から、車に変化できる心優しいロボットと孤独な女の子の愛と絆を描いた物語にこれから期待したいですね。

まとめ バンブルビーは”おもちゃ”が元祖!トランスフォーマーシリーズに欠かせない愛されキャラクターです。

  1. バンブルビーは元々、リカちゃん人形で幅広く知られているおもちゃメーカー、「タカラ・トミー」が80年代に発売していたおもちゃをモデルに、映画「トランスフォーマー」のマスコット的ロボットとして認知度アップ。
  2. バンブルビーを手掛けたトラヴィス・ナイト監督は、スポーツ用品メーカー、ナイキの社長兼アニメーター製作会社のCEOです。
  3. バンブルビー以前に、トラヴィス・ナイト監督が製作に携わったアニメ映画、「パラノーマン・ブライスホローの謎」や、監督デビュー作となった、「KUBO日本の玄の秘密」も知られるようになりました。
  4. バンブルビーの若手俳優は、これから映画作品への出演が期待される注目の逸材です。
  5. バンブルビーの日本語吹き替え版を演じる、土屋太鳳さんと志尊淳さんの役者としての演技は受賞歴が華麗な二人だからこそ、大注目!
  6. バンブルビーの公開を待ち望む声多数!笑って泣けて、バンブルビーがかわいいと好評でした。