サムライマラソン(映画)のロケ地と撮影場所!山形県が有力

サムライマラソン
スポンサーリンク

とっても豪華な俳優陣が出演していると話題になっている「サムライマラソン」、皆さんはご存知ですか?

この「サムライマラソン」を撮影しているのはどこなのか・・という事も気になりますよね!

今回は、「サムライマラソン」のロケ地や撮影場所について、ご紹介させて頂きたいと思います♪

スポンサーリンク

サムライマラソン、どんな映画か知っていますか?

引用:https://www.cinra.net/news/20181119-samraimarathon

ロケ地や撮影場所がどこなのかとっても気になるところですが、まずは「サムライマラソン」がどんな内容の映画なのかというところが知りたいですよね!

「サムライマラソン」は、土橋章宏氏の小説「幕末まらそん侍」というお話が元になっています。

『超高速!参勤交代』の作者としても有名な方の作品!

とってもおもしろい内容になっているみたいなので、チェックしておきたいですよね♪

撮影された場所を紹介する前に、「サムライマラソン」の内容を簡単にご説明させて頂きます!

幕末のマラソン!大切なものを守れるか・・

遠い昔、幕末の頃に実際にあった遠足(とおあし)というもの・・

この「サムライマラソン」でスポットライトが当てられている「安政遠足(あんせいとおあし)」というものは、実際に史実として伝えられているものなんです。

なぜこのような事が行われるようになったのかというと、この時代外国の力が強くなってきていて、そのことに対して何とかしなければ・・と安中藩の藩主が考えます。

そこで思いついたのが、侍たちを安中城門から熊野権現神社までの十五里、走らせるということ!

十五里とはだいたい58㎞ほどあり、今でいう長距離マラソンくらいの長さがあるんですね。

こうして始めたことだったんですが、何かの間違いで幕府への反逆とみなされてしまいます。

そんな不穏な動きに気付いたのが、佐藤健さん演じる唐沢甚内だったのです。

でも、そんな唐沢甚内は、安中藩の侍だと思われているわけですが、実は幕府からのスパイ!

本来は幕府の隠密として動かなければならない立場だったんですが、安中藩の人々と一緒に過ごすうちに気持ちは変わっていき・・。

安中藩に刺客が送り込まれ、ピンチになったところを、唐沢甚内は救うことができるのか!?

大切なものを守ることができるのかどうか、とっても興味深い内容になっていますよね♪

スポンサーリンク

サムライマラソンのロケ地・撮影場所は山形ばかり?

引用:https://movie.jorudan.co.jp/cinema/36889/

さて、あらすじを簡単にご紹介したところで、続いては「サムライマラソン」のロケ地・撮影場所についてご紹介していきますね♪

「サムライマラソン」の舞台になっている安中藩、本当は群馬県にあるところなのですが、今回撮影が行われたのはそのほとんどが山形県だったみたいですよ!

もちろん、全てが山形県というわけではありませんが、どのようなところで撮影されたのか、早速見ていきたいと思います☆

庄内セディック(庄内映画村)

引用:https://twitter.com/shonai_os

「サムライマラソン」の多くのシーンが撮影された庄内セディックという場所。

こちらは、一般公開されている屋外の広大なセットで、色々な映画で使用されているとても有名な場所なんです♪

皆さんはご存知でしたか?

庄内セディックの中にある、漁村エリア、農村エリア、エントランス、戦国大手門エリアが今回撮影に使われた場所のようですね。

かなりたくさんのシーンが撮影されたんだということがわかりますね。

出演している俳優さんやスタッフの方たちが待機している場所には、数多くの有名人のサインが飾られていて、その中に主演の佐藤健さんのものもあるということです☆

一般公開されているセットなので、もちろん私たちも見に行くことができます。

さすが色々な映画に使われている場所ということもあって、とても素晴らしいセットなんです☆

映画のファンである方もそうでない方も、これは一度は見に行くべき!という場所になっていますよ!

ただ、一つ注意していただきたいのが、冬季は閉まっているので入ることができないということ!

行ってみたけど入れなかった・・なんていうことのないように、営業時間などはしっかりチェックしてから行きたいですね。

11月の後半から4月の半ば過ぎまでは営業していないので、それ以外の日にちにお出掛けしてみて下さいね。

出羽三山神社・羽黒山神社

引用:https://twitter.com/hashtag/%E5%87%BA%E7%BE%BD%E4%B8%89%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE

約1400年も前に、崇峻天皇の御子、蜂子皇子(能除太子)が開山したと言われているパワースポットである出羽三山。

こちらにある神社の周辺でも、「サムライマラソン」は撮影されていたみたいですね。

ここには歴史ある杉並木や石階段があり、そこを侍たちが駆け抜けていくということです。

冬にはたくさんの雪が降り積もり、とても幻想的な景色になるそうですよ。

致道博物館

引用:https://twitter.com/chido1950

酒井家九代目の忠徳公が創設した藩校である、致道館。

ここでは、豊川悦司さんの出演シーンが撮影されたようですね。

たくさんの侍たちの姿を目撃したという方もいたみたいですよ!

2017年頃に撮影が行われていたという事で、あの時見たのはもしかして・・と気づいた方もいるみたいですね。

三瀬海岸

引用:https://ishizuka-kei.work/

山形県鶴岡市三瀬地区にある三瀬海岸でも、「サムライマラソン」の撮影が行われていたようです。

こちらの海岸で映画の撮影が行われるということで、落ちているゴミをキレイにするという活動も行われていたみたいですね。

台風の影響でたくさん落ちていたゴミもキレイになったそうで、どんなシーンで三瀬海岸が使われているのかチェックしたいですよね♪

鶴岡公園

引用:https://www.tsuruokakanko.com/cate/p0005.html

こちらの公園は、致道博物館のすぐ近くにある公園みたいですね。

この鶴岡公園でも、たくさんの侍たちが目撃されていたようですよ!

かなりたくさんいたみたいで、目撃した方はびっくりしたそうです☆

旧青山本邸

引用:https://www.yuzachokai.jp/view/kyuaoyamahontei

こちらは確実な情報がないところなのですが、山形県飽海郡遊佐町にある旧青山本邸に、森山未來さん、小松菜奈さん、長谷川博己さんのサインがあったそうなんです☆

この3人のサインが・・というところを見ると、ここで撮影が行われていた可能性は高そうですよね!

どんなシーンで使われていたのか、映画を観ながらチェックしてみるのも楽しいかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

山形以外でも・・

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0106872

「サムライマラソン」の撮影が行われていたのは、山形県だけではないようですよ!

現代のマラソンの元になったと言われている「安政遠足」は、群馬県安中市安中にある安中城門から、碓氷峠の熊野権現神社までの間だと言われています。

実際にここでマラソンをしている方が、映画の中のあるシーンでここが使われていたことに気付いたようですね☆

似たような場所で撮影するというのではなく、実際に同じ場所で撮影されているのは観ている方もさらに気持ちが入り込んじゃいそうですよね♪

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

引用:https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8164813

今回は、佐藤健さん主演で今話題の映画「サムライマラソン」の撮影が行われていた場所について、色々とご紹介させて頂きました♪

とてもおもしろそうな内容の映画なので、かなり気になりますよね!

そして、映画の内容と同じくらい気になってしまうのが、映画のロケ地・撮影場所というのはどんなところなのか・・ということですよね。

大好きな俳優さんが出演していたり、その映画がすごく好きだったりすると、どこで撮影していたのかを調べて聖地巡礼という感じで実際に行ってみようという方も多いと思います。

そんな時には、今回色々な撮影場所をご紹介させて頂いたこちらの記事を参考にして頂いて、「サムライマラソン」の聖地巡礼をしてみてはいかがでしょうか?

映画で使われていたところだ!と思うと、特別な気分を味わう事ができそうですよね♪

佐藤健さんのサインが飾られている場所もあるので、皆さんもぜひチェックしてみて下さいね!