結婚式の子供ゲストへのプレゼントはインスタントカメラでちびっこカメラマンに❤

子供



結婚式の子供へのプレゼントを何にしようか迷っている人もたくさんいらっしゃいますよね。結婚式を挙げる人たちは、子共がまだ生まれていない場合が多いので、子供の好きなものや喜ぶものが分からないことが多いものです。

結婚式でのプレゼントは、子供のママに直接聞いてみるのが間違いないでしょうけど、出来ればサプライズで手渡したいですよね。今日は、ちょっぴり先輩のmama’s世代にも関心度が高い結婚式でのプレゼントをご紹介していきます。

子供ゲストに手渡したい人気のプレゼント

引用:https://www.pinterest.jp

最近のプレゼント事情も変わってきました。より趣向を凝らしたり、場合によっては高額なものまであります。だけど、小さな子供なら金額より興味をもっているものを手渡した方が良い場合が多いようです。それに、いつもより素敵な服装でお座りしていると、子どもゲストにとってはすごく退屈で嫌になってしまうことも考えられますよね。

そんなとき、その場で遊べるものや食べたりして楽しめるものがとても役に立ちます。結婚式のお手伝いをしたご褒美としてはもちろんですが、退屈を紛らわしながら最後までみんなと祝福できるように過ごすことを考えられた一石二鳥のプレゼントでもありますね。

結婚式での小さなカメラマン

引用:https://www.pinterest.jp 

披露宴会場には、何人もカメラを持って撮影する人がいるでしょうから、子供もきっと真似をしたいはず…ということからもインスタントカメラで楽しんでほしいとの気持ちが込められています。

また、結婚式の写真を子どもに撮ってもらうと、意外と良いシーンが撮れたりするものです。それに少し笑えるような写真になったとしても、間違いなく一生残る思い出になることでしょう。

「写ルンです」の人気が復活!

今では誰もが持っているスマホなど、誰でもいつでも撮影できるアイテムが多くなってきました。その中でも「写ルンです」の人気が再び注目を浴びています。「写ルンです」は昭和に流行したインスタントカメラですが、なぜこの時期に復活してきたのでしょうか。

実は、女子高生の間でヒットしたことが始まりのようです。今では聞かれなくなった「ネガフィルム」というものを用いて写真になっていくのですが、高画質な社会になったからこそ、フィルムでのレトロな画像が逆に良いとの評価をされているのですね。

子供のゲストが女の子の場合

引用:https://www.pinterest.jp

写ルンです以外のプレゼントとしては、性別で若干の差はありそうです。女の子では、画像のように可愛いお菓子や、クレヨンとおえかき帳、ぬいぐるみ、おもちゃ等が候補として選ばれやすい代表的なプレゼントとなっているようです。

  • 可愛いお菓子
  • アクセサリー
  • クレヨン&お絵描き帳
  • ぬいぐるみ
  • 風船(バルーン)
  • おもちゃ
  • シール貼り
  • 着せ替え人形など

結婚式で手渡される子供ゲストへ、これらのプレゼントを見て共通点を見つけられたママも多いと思います。実は、ほとんどのママが予想したように、結婚式会場で「子どもが飽きずに遊べるもの」だったんですね。おもちゃのアクセサリーを身に付けてみたり、お散歩バルーンで会場内を歩いたりと喜んでいる姿が目に浮かんでくるようです。

大人のあいさつや余興を見ても子ども達にとっては楽しいとは理解が出来ないこともあり、ぐずってしまう子も出て来そうです。だけど、こうしておやつを食べたり、お絵かきなどの実用的なプレゼントがあると、途中で嫌になって「帰りたい」なんて泣かれることを回避できそうです。

また、最近では手が汚れないクレヨンも市販されているので、いつもよりおしゃれをしていても心配なく遊ぶことが出来ます。もらう方は有難いのですが、これを選らぶ新郎新婦のご苦労を考えるとやっぱり、たくさん「ありがとう」となりますね。

子供のゲストが男の子の場合

引用:https://www.pinterest.jp

男の子の場合には、塗り絵や、バルーン、好きなキャラクターのおもちゃ等が人気の高いプレゼントとして選ばれているようです。やはり、これらのプレゼントの共通点としては、その場で使えるものに集中しているようです。

  • ブロック
  • 写ルンです
  • 塗り絵
  • キャラクターおもちゃ
  • アニマルフィギュア
  • おもちゃ箱
  • 積み木や木の車など

男の子は、女の子よりも活発に動き回る傾向があるので、写ルンですをプレゼントされると嬉しいですよね。子供でも、「お婿さんや花嫁さんを撮ってあげてね」って優しくお願いされると、喜んで撮影をしてくれるはずです。

もちろんカメラマンとなった記念に子どもの写真もたくさん撮ってあげることを忘れないでください。みんなを撮影してあげたことで「役に立った」という気持ちが子ども達に、自立心と思いやりを育ててくれるきかっけになってくれると良いですね。

これらのプレゼントを箱に入れて渡すなど、包みも工夫しているとワクワクしてくれることが増えそうです。まるで宝箱を受け取ったように、選ぶ楽しみや開ける楽しみがあって歓びが倍増しますね。

また、会場にはフラワーガールやボーイのお手伝いを頼まれていない子どもが来ている場合もあります。出来れば、お手伝いをしていない子ども達にも、ちょっとしたお菓子などプレゼントを準備してあげると、小さな子どもの心を傷つけずに済みます。意味が理解できない時期だからこそ、大人が平等に扱ってあげることが大切ですね。

結婚式では気持ちで贈るプレゼントが大切

引用:https://www.pinterest.jp

気を付けておきたいのは、男の子のおもちゃが好きな女の子もいるし、女の子のキャラクターが好きな男の子もいるっていうことです。つまり、結局はどちらになっても大丈夫なように文房具やシャボン玉、お菓子の詰め合わせなど共通するキャラクターなど、誰がもらっても選ばれて喜ばれるプレゼントが良いですね。

また、アンパンマンなど男女ともに人気が高いキャラクターだと問題なく喜ばれそうです。結婚式のプレゼントは、子供ゲストのリサーチもしておくと安心かもしれませんね。

子供ゲストの食事

プレゼントに夢中になっていて忘れそうになるのが、食事内容です。基本的には大人の食事内容となっているために、子どものゲストが食べられるものがない場合が考えられます。

そういった時には、お子様セットなどが頼めるか予め訪ねておくと良いでしょう。もし対応して頂けるようだったら、お子様ランチのような可愛いらしいお食事を出してもらうと、テーブルでちゃんと食事をしてくれる可能性も高いですよね。

お食事エプロン

結婚式のお手伝いでのお礼として、エプロンのプレゼントをもらう場合もありますが、万が一のためにエプロンや使い慣れたフォークやスプーンを持参しておくと良いですね。

mama’s世代の子ども達は、ある意味ギャングです。mama’sも経験がありますが、結婚式の特別な衣装を着た我が子が口の周囲が真っ黒になるほどチョコレートを付けていたり、よちよち月齢では手づかみで食べるので、ショックでこちらの方が倒れそうになりました。そういう意味でも、エプロンとおしぼりは必需品です。

子供へのプレゼント ~番外編~

引用:http://www.recipe-blog.jp/profile/7402/blog/12361435

この素敵なアンパンマンの手作りケーキは、vivianさんの作品です。子どもさんのお誕生日のお祝いとして手作りしたものなんですね。まるでケーキ屋さんで注文したような可愛らしいケーキです。

子供ゲストへのプレゼントでは、お料理が好きな新婦さんが手作りのお菓子を子供ゲストへ振る舞うことがあります。話も弾み、ケーキやお菓子を囲んで夢中になっている子供ゲストを撮影するのも楽しい思い出になりますね。

新婦さんが作ったり、新郎新婦が共同作業で作ったとしても、傷みやすいものは避けるか、当日会場で保管してもらえそうかをあらかじめ相談をしておくと安心です。

流行のハンドメイド

結婚式の準備や仕事など、新郎新婦が忙しい時間を過ごしているのですが、それでも手作りの良さが見直されています。

また、簡単に「シャボン玉」や「おえかきちょう」などをデコってしまうというのもオリジナリティがあって世界でたった一つのプレゼントとなります。すべてを手作りというのが無理でも、ちょっとアレンジするとか、ワッペンなど簡単な手作りにチャレンジするというのも楽しいのではないでしょうか。

新郎新婦さんへのおもいやり

バルーンがお散歩するのですが、例えば羊のバルーンを選んだ場合、「羊(ひつじ)」さんのバルーンが会場をふわふわと歩くように浮かぶ姿がみられますが、これにはちゃんと意味があるそうです。

ヒツジは、群れを成して生きています。その群れる姿が「家族」を表していると捉えることが出来るため、結婚式には縁起が良いとされているようです。

たしかに、大きな世界平和を考える時でも、まず小さな単位である「家族」の平和から考える必要があります。新郎新婦さんが仲良く、これから家族を作っていくという意味では縁起が良いだけでなく、mama’s世代も先輩として見られるわけです。結婚式からの交流で、育児も先輩としてアドバイスが出来ると良いですね。

最後にmama’sからママへのメッセージ

引用:https://www.pinterest.jp

今日は、結婚式に参加した子どもへのプレゼントについてご紹介していきました。色々な思いをプレゼントにする人がいるようですね。

会場や結婚式の形式などによって、お手伝いの内容が変わったり、プレゼントの内容をプラスしたりすることもあります。例えば、ガーデンウェディングでは「シャボンだま」や風船遊びをすることが出来ます。

のびのびと遊ぶことが出来るし、太陽で輝くシャボン玉の色が結婚式を盛り上げてくれるお手伝いになる可能性もあります。室内遊びとは異なり風船がふわふわしているだけで、幸せな気持や可愛らしい演出となりそうです。それにガーデンだと、万が一風船が割れてしまっても室内よりは響かないので、驚き方が小さくて済みますよね。

子供ゲストがお手伝いをしたお礼のプレゼントさえも、結婚式の会場を盛り上げたり、花を添える可愛らしい存在となりそうです。新郎新婦と一緒に、しあわせな思い出を築けると良いですね。