バレンタイン小学低学年がホントに選んでるチョコ9選2019

バレンタイン

小学校低学年のお子さんがバレンタインに選びそうなチョコレートの情報が知りたいですよね。

特に、6歳から9歳くらいまでのお子さんの場合、お母さんと一緒にチョコレートを買いに行くにしても、ただテディベアのカタチを模しただけのものだと、お子さんによっては、関心が向かないかもしれませんね。

低学年のお子さんの場合ですと、知っているアニメのキャラクターをかたどったチョコレートのほうが興味を持って手に取りやすく、バレンタインデーギリギリに購入しても間に合いそうです。

そこで、本日は小学校低学年(1年生・2年生・3年生)のお子さんが実際に選んでるチョコレートを去年のバレンタインを参考に9選取り上げていきます。



小学校低学年生がバレンタインにリアルに選んだチョコはこれだ!1年生向けベスト3

幼稚園を卒園して、小学校生活に馴染むのが精いっぱいな、ピッカピカの一年生は、持っていきやすくて、ママとの夕飯のお買い物の時に探しやすいチョコレートのほうが安心かと思います。

そこで、1年生のお子さんに長く愛されているチョコレート菓子を厳選してみました。

①やっぱり昔ながらの定番!チロルチョコバラエティーパック

https://prtimes.jp/

お子さんも大人も気軽に食べられるのが、チロルチョコですよね。

バラエティーパックセットは特におすすめで、とあるママさんのサイトによると、小学生の男の子に人気が高いようです。

また、サンリオキャラクターとのコラボレーション包装紙もあるので、女の子同士の友チョコにも便利ですよ。

なんといっても味の種類が豊富なのが魅力です。

定番の牛柄の堤紙のデザインが有名なミルク味や、黄色やピンクのデザインがお馴染みのビスケット風味、アメリカン柄のアーモンド味など、チョコを取る手を迷わせますよね。

これだけたっぷり入っているのにお値段、318円になります。

②男子にも女子にも大人気です!ディズニー系チョコレート

https://sgs109.com/n/7418/d/

「あっ!ミッキーさんだ!」と思わず見つけた時に笑顔になりそうなアルフォートですよね。

コーティングされたチョコレートにサックサクの全粒粉入りのダイジェスティブビスケットが定番のお菓子です。

レトロチックなディズニーの絵柄がデザインされた小包装がちょっとオトナっぽいですね。

小学校低学年のお子さんでもコンビニやスーパーで気軽に購入出来ますし、学校にも持っていきやすいです。

子どもっぽいデザインじゃなくて、オトナのお姉さんみたいなのがいいというお子さんにもおすすめです。

お値段は450円になります。

③ディズニープリンセスのコインチョコレート

http://pcube.ntcltd.com/

310円(税込み334円)のコインチョコレートです。

メタリックピンクな包装紙に包まれた一口サイズのチョコレートなので、男の子にあげるのにも、女の子同士で友チョコを贈り合うのにもぴったりです。

男の子の場合、プリンセスの柄が受け取りずらいこともあるでしょう。

その場合は、こちらのお菓子がおすすめですよ。

小学校低学年生がバレンタインにリアルに選んだチョコはこれだ!2年生編ベスト3

2年生は1年生とはちょっと違って、自分でどんなチョコレートを買うのか具体的なイメージがなんとなくだけど沸いてくる年齢ですよね。

〇〇のお菓子が欲しい!だけじゃなく、箱はこんなのが良いとか、お友達の誰々ちゃんや、気になっている男の子の〇〇くんはこんなのが欲しいって言ってたよなど、チョコレートを買う前にお母さんに一生懸命、伝えようとする語彙力やコミュニケーションの視野が広がってきます。

お母さんは、お子さんが話すポイントを聞いて一緒にお菓子を選びに行ってあげてくださいね。

①キナートン トイストーリー・TOY BOXチョコレート・モンスターズユニバーシティチョコレート

http://review.otoriyose21.com/

https://dlove.jp/

 

トイストーリーでお馴染みのウッディやバズ、リトルグリーメンを模した形状をしたミルクチョコレートです。

モンスターズインクも男の子ウケすると思います。

サリーやマイクの顔をかたどったチョコは思わず食べたくなる小さめサイズですので、おやつの時間にもおすすめですよ。

イギリス最大大手のメーカー、「キナートン」から発売されています。

価格はどちらも410円になります。

②ハグッとプリキュアチョコレートシリーズ

https://blog.goo.ne.jp/

見た目も中身もとっても可愛い2018年女の子に大人気のアニメ、「ハグッとプリキュア」のチョコレートはいかがでしょうか?

市販なので、スーパーやコンビニでもすぐに見つかりやすいですよ。

リンク先のサイトとは別のとあるお母さんのブログの情報によれば、このお菓子は、お子さんが自分のおやつとしてだけでなく、友チョコやバレンタインデーにて、よく買われることが多いらしいです。

苺、さくらんぼ、猫のカタチが主なのですが、アニメに登場する、今年、女の子に人気のキャラクター、はぐたんが入っているとラッキーというちょっとハッピーになれるチョコレートです。

他にも、アイスクリームやリボン、バナナ、クマ、指輪のカタチが、バレンタインの日をほっこりさせてくれそうですよ。

カタチが全部で20種類あるという楽しみもあります。

友達への友チョコはもちろん、バレンタイン、自分用のおやつにしても嬉しさ倍増ですよね。

③今も根強い人気が殺到!妖怪ウォッチチョコレート

https://kakeiplus.com/vd2017-boys/

新アニメとして新たなシリーズ、「シャドウサイド」が放送されていたり、12月には最新映画も公開、新型のゲームソフトも発売されることが多い、アニメ、「妖怪ウォッチ」。

社会現象になったほど、爆発的なアニメの一つで、男の子だけでなく、女の子もはまっていることが多いアニメです。

可愛い猫の妖怪キャラクター、ジバニャンなどが描かれたパッケージが男の子も女の子も虜にすると思います。

ペンとハート型になっているチョコレートで、包装紙にも妖怪ウォッチのキャラクターが描かれています。

お値段もリーズナブルな価格で、300円で買えます。

小学校低学年生がバレンタインにリアルに選んだチョコはこれだ!3年生編

3年生の場合は、アニメのチョコレートもまだまだ興味があるけど、1、2年生の頃よりはちょっとみんなと違ったお菓子が欲しくなる時期ではないでしょうか。

みんなと違う面白い形をした、食べるのも渡す時の相手の反応もワクワクするチョコレートを厳選してみました。

①面白い!パロディチョコレート

子どもが絶対飛び付きそうな変わった形のチョコレートも、大人だけでなく、お子さんにも親しまれています。

ちょっとブラックユーモアをきかせたお菓子も、バレンタインに笑顔が増えそうですよね。

チョコ島のモアイ

https://news.walkerplus.com/article/86527/

税抜50円のモアイ像をモチーフにしたチョコレートで、表情豊かなモアイが、楽しいコミュニケーションツールにもなりそうですね。

ユニークなカタチは勿論、チョコとビスケットのハーモニーが子どもに親しみやすいマイルドな味になっています。

照れモアイ、にっこりモアイ、泣きモアイ、泣きモアイなどのチョコレートに食べる前に思わず笑みがこぼれそうです。

なんと、シークレットアイテムチョコレートとして、画像のように、レアバージョンもあるので、買って渡すのも食べるのも楽しみが2倍になりそうですよね。

裏はビスケットで、がいこつがモアイとは対照的に優しくてゆるい表情が描かれた生地となっています。

ちなみに、このチョコレート、とあるサイトにて、小学生に選ばれることの多いバレンタインチョコで上位ランキングに載っていました。

現在でもリニューアル発売されていることが多いので、スーパーの駄菓子コーナーにて見つけやすいかと思います。

②ほんものと見間違えそう?!リアルなお金そっくりチョコレート

https://www.amazon.co.jp

お札の包み紙に入ったチョコレートで、本物そっくりの見た目に思わず、お子さんなら二度見してしまいそうです。

千円札、5千円札、1万円札のセットになったユニークなチョコレートです。

子どもには嬉しいキラキラカード入りというちょっと嬉しい楽しみもありますよ。

③石の形のチョコレート菓子ストーンチョコ

 

 

http://www.instazu.coml

ショッピングモールにある、子ども向け雑貨、「ペンギン堂」の前に設置されたガチャガチャ機の中に入っていることが多いので、お母さんとのショッピングの合間に見かけたこともあるお子さんも多いのではないでしょうか。

いわゆる、キスチョコのように食べやすくて、つまみやすさがいいところです。

私が子どもの頃もその独特な石みたいな形が爆発的に人気でした。

その存在を知らなかったお母さんが思わず、「あっ!それだめだめ・・・ん?なんだお菓子か」なんて本物の石と見間違えて、口に入れるのを制止されそうな思い出もありましたね。

今では、ダイソーで売られていることも多いのですし、私も食べたことがあるのですが、かっぱえびせんのようなクセになる美味しさがあります。

こちらも現在、子ども達に人気のお菓子です。

小学校低学年から中学年のお子さんがいるとあるママさんのブログには、学校にストーンチョコを持っていったら他の友達の何人かと被った現象が起きたようです。

バレンタインのチョコにお手に取ってみてくださいね。

まとめ 小学校低学年のお子さん向けのバレンタイン向けチョコレートは、親しみやすいキャラクターものがメリット

  1. 小学校低学年のお子さんがチョコレートを買う時はお子さんに親しみやすいアニメキャラクターものがデザインされたチョコレートがおすすめです
  2. 小学校低学年のお子さんに過去に選ばれたチョコレートには、ストーンチョコやお金チョコ、モアイチョコなど変わった形こそが子どもの興味を惹きつけるチョコレートも過去のバレンタインで購入されることが多いとわかりました。