アンパンマン映画の歴代声優にはスゴイ人物がたくさんいました!

夏休み



アンパンマン映画の声優陣は長いキャリアと声の存在感が凄い!

http://jonny.click/wadai/56490

上川隆也さんが出演している、「遺留捜査」というドラマでも活躍している、戸田恵子さん。

アンパンマンの声の人というイメージが根強いですが、あの独特の声で女優としてもナレーターとしても活躍の視野が広いベテランですね。

アンパンマンに出演している声優陣には、戸田さんのように声を使う職業人としての長いキャリアと、アンパンマン以外の仕事でも、「あ!この声聞いたことある!」と気付くこともありますよね。

また、あらいぐまラスカルやフランダースの犬などの、昭和の時代から長きに渡って世代を超えて愛され続けている、世界名作劇場のキャラクターの声や、映画の吹き替えを務めている事も多いことも特徴です。

そこで、昔のアニメ声優が大好きな私、エイミーSARAが、本日は、アンパンマンの声優陣の凄い活躍について紹介していきます。

あの声の人ってアンパンマンの声優だった?!

”アンパンマンの顔”戸田恵子さん

https://abematimes.com/posts/912508

戸田さんの歩み

小学5年生から児童劇団に所属し、アイドル演歌歌手、リポーターとキャリアを積んでいきました。

ドクタースランプアラレちゃんの、”アラレ”でお馴染みの、小山茉美さん、「愛の若草物語」の”メグ”こと、マーガレット・マーチ役などで知られる、潘恵子さんらと並ぶ人気声優です。

また、1979年公開のディズニー映画、「眠れる森の美女」のブライア・ローズこと、オーロラ姫役が意外にもデビュー作なんです。

1985年から1988年まで、ゲゲゲの鬼太郎の第3期放送と、2008年の12月20日に公開された鬼太郎の劇場版にて、鬼太郎役だったこともありますよ。

この他にも、戸田さんが声優を務めてきたアニメのキャラクターや映画の吹き替えでは以下の経歴があります。

戸田さんが演じた他のキャラクター

ガラスの仮面の男っぽい”イケメン女子”、北島マヤと同じ「劇団つきかげ」の一人→青木麗

サンリオのリトルツインスターズ→キキ

ベルサイユのばら→オスカル・フランスワードジャルジェ

チャーリーズエンジェル→ジュリー・ロジャーズ

ニキータ→ニキータ

アイラブルーシー→ルーシー

風と共に去りぬ→スカーレット・オハラ(日本テレビ版)

きかんしゃトーマス→トーマス

こうやって見ると凄いですね・・・戸田さんは声優として大切にしていることは、アンパンマンの場合、丸い顔から優しい声になるように、第一印象を大切にしているようです。

”はひふへほー”でお馴染み、ばいきんまん役 中尾隆聖さん

https://www.cinematoday.jp/news/N0092564

”はひふへほー”、バイバイキーン”など、アンパンマンを見て耳にしたことのある口癖がある憎めないキャラクターで、アンパンマンの永遠のライバル、ばいきんまん。

独特な艶のある高い声が特徴で、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんからも、”セクシーな声”だと絶賛されていました。

また、歌手や演出家という別の顔も持っています。

中尾さんが演じた他のキャラクター

ドラゴンボールのフリーザ、劇場版地獄先生ぬーべーのピエロ、愛くるしいねずみのキャラクター、トッポジージョの第2シリーズでのトッポジージョ、ムーミンのスニフの声も中尾さんです。

NHKの子ども向け番組、「にこにこぷん」でも、ぽろり・カジリアッチⅢ世、「どれみふぁどーなっつ」にレッシ―役も有名です。

映画の吹き替えとしては、ミッションインポッシブル、ソロモン・レーン役、ハンニバル、メイスン・バージャー役などがあります。

ジャムおじさんは落語家でもある 増岡弘さん

https://kenka2.com/articles/875

有吉さんぽのナレーション、「サザエさん」のフグ田マスオ役でお馴染みで、穏やかな声が印象深いですね。

アニメの他のキャラクターとしては、

サイボーグ009のジェロニモ・ジュニア(第二シーズン)

怪物くん キョ―ダイゴン

巨人の星 荒川博

実はこんな一面も?!

声優やナレーションのイメージが強い増岡さんですが、柳家さん助さんの弟子で、益々家(ますますや)ちゃん助という高座名を持つ落語家でもあります。

今年の第12回声優アワードにて、功労賞を受賞しました。

味噌通で、味噌を使った料理本の出版や関連番組の出演など、食の分野でも活躍しています。

声優や講演家としても活躍!佐久間レイさん

http://yamada-kankou.sblo.jp/article/98758698.html

アンパンマンでは、ジャムおじさんの助手、バタコさん役が有名ですが、講演家としての顔も持っています。

ピンクレディーやキャンディーズなど数々のベテランの歌手も生み出してきたアイドル発掘番組、「スター!誕生」では、中森明菜さんに敗れましたが、それがきっかけとなり、スカウトされ、明菜さんや松田聖子さんなどが出演していた「レッツゴーヤング」で芸能界デビューをスタートさせます。

とてもユニークな一面を持ち、オカルトに興味があり、”アフレコ前には自分が演じるキャラクターの幽霊が体内に入り、完全にキャラクターになる”というミステリアスなモチベーションで仕事に励んでいるそうです。

シングルマザーの経験を活かし、子育てや男女共同参画、人権についての講演の他に、東日本大震災の被災地への訪問も行っています。

佐久間レイさんが演じた他のキャラクター

他のアニメキャラクターの声としては以下のキャラクターを担当していました。

愛の若草物語 エイミー・マーチ

サンリオ マイメロディ

魔女の宅急便 ジジ

たのしいムーミン一家 ミー

愛少女ポリアンナ物語 ポリアン・フィティアの遊び友達、サディ・ディーン

機動戦士ガンダムZZ ルチーナ

あんみつ姫 ジェリービーンズ

とっとこハム太郎 マフラーちゃん

食ぱんまんだけじゃない!誰もが聞いたことのある清純派声優、島本須美さん

http://blogos.com/article/278317/

私が最も好きな声優、島本須美さん。

小公女セーラのセーラ・クルー、ルパン三世カリオストロの城の、クラリス、めぞん一刻の”管理人さん”こと、音無響子、風の谷のナウシカのナウシカなど、一度聞いたら忘れられない、特徴的な”清純派”で、須美の名前通り、澄んだ透明感のある声は癒されますよ。

この他にも、となりのトトロでは、メイとサツキのお母さん、もののけ姫 トキとしても違うキャラクターを演じていても非常に声が分かりやすいところも良い所です。

また、これは意外なんですが、ハローキティでは、キティちゃんのママの声も務めていました。

アニメ雑誌、「アニメージュ」主催のアニメグランプリでは、女性声優部門1位を獲得する存在感のある声優として選ばれたり、一児の母で、娘の越川詩織さんも声優として、「それいけ!アンパンマン」で共演を果たしました。

ドキンちゃんの声が名残惜しい・・・鶴ひろみさん

https://www.mag2.com/p/news/330886

キャリアは子役からスタート

ばいきんまんの頼もしい相棒で我が儘な小悪魔キャラが可愛くもある、ドキンちゃんの声優、鶴ひろみさん。

残念ながら交通事故により、昨年亡くなってしまったニュースは多くのアニメファンや、鶴さんと共演歴のあったアンパンマンの声優陣達に衝撃を与えましたね。

姉と共に子役として「劇団ひまわり」に所属して活躍してからは、1960年代に放送されていたドラマ、「コメットさん」などに出演し、キャリアをスタートさせました。

ドキンちゃんの他にも、世界名作劇場の一つ、「ペリーヌ物語」のオーディションに合格し、主人公、ペリーヌ・パンダポアヌ役で声優デビュー。

ペリーヌ以降は声優活動を休業していたそうですが、以下の作品でも有名でした。

80年代に放送された、「おはようスパンク」のキャット、ドラゴンボールのブルマ、らんま1/2の久遠寺右京、きまぐれ★オレンジロード、鮎川まどかなどでも知られていました。

吹き替え声優としても幅広い!妻はローゼンメイデンの”銀様”、山寺宏一さん

https://otocoto.jp/news/sasaki-190/

”山ちゃん”の愛称で親しまれている、山寺宏一さんは、アンパンマンでは、めいけんチーズ役としてあのギャップがたまりませんよね。

映画の吹き替えでは、エディ・マーフィーさんなど個性派俳優さんの映画の日本語吹き替えを担当することの多い山寺さん。

彼が既婚者であることは有名ですが、その妻は、アンティークドールと人間の共生や、「引きこもり」「コミュニケーション障害」を抱えた少年の心の成長を描く、ローゼンメイデンの人気キャラクター、”銀様”こと、水銀燈などの声でお馴染み、田中理恵さんです。

田中理恵って聞いて新体操選手を思い浮かべた方もいると思いますが、同姓同名です。

タレント、司会者、ものまねタレントとしても活躍の場が広い山寺さんを見たことない方はいないでしょう。

”七色の声を持つ男”として広域の声が特徴で、演技力や司会者としての巧みな話術も高評価されています。

ドラゴンボールの御空役で有名な野沢雅子さんも「この子は伸びる」と才能を認められたそうです。

まとめ アンパンマンの声優陣は個性派揃い

  1. アンパンマンの声優陣は他のアニメキャラクターや吹き替えを担当していても、声を聞いて分かりやすかったり、意外なキャラクターを演じている
  2. キャリアも長く、その実力と印象深い声が世間から認められている

アンパンマンで声を聞いたことのある声優陣の意外な活躍が垣間見れました。

大人世代には懐かしいアニメや映画の日本語吹き替えも担当していて、今後もベテラン声優である彼らの活躍に目が離せませんね。