キャプテン・マーベルの知っておきたい能力と強さは?

キャプテンマーベル

スーパーヒーローといえば、みんなそれぞれ独特のスーパーパワーを持っているものですが、映画『キャプテン・マーベル』の主人公であるキャプテン・マーベルにはどんな能力があるのか気になりませんか?

マーベル映画史上初の女性ヒーローとしても話題の映画「キャプテン・マーベル」ですが、実はマーベル史上最強のヒーロとして全世界で話題を集めています。

そこで今回は、映画『キャプテン・マーベル』を見る前に知っておきたい能力と強さについてお話ししていきましょう!



キャプテン・マーベルは最強の能力者

引用:www.eiga-8.com

映画『キャプテン・マーベル』の主人公キャプテン・マーベルの本名は、キャロル・ダンバース。

本来、キャロル・ダンバースは、普通の地球人の女性でした。

過去の記憶を失ったミステリアスなヒーローのマーベル・マーベルには、超人的な格闘能力があり、次々と敵を倒していきます。

また、格闘する能力だけでなく、空を自由自在に飛べる力や超人的なスタミナ、さらには男性にも負けない怪力を持ち、さらに予知能力もありますし、毒物に対する耐性まで兼ね備えた最強の能力者といっても過言ではありません。

実は、本来「キャプテン・マーベル」と呼ばれる人物は男性でした。

そして、そのキャプテン・マーベルの恋人だったのがキャロル・ダンバースだったというわけなんです。

ところが、ある日、悪役によってキャプテン・マーベルは命を落としてしまいました。

空席となってしまったキャプテン・マーベルの座をキャロル・ダンバースが務めることになり、女性ヒーローが誕生することになります。

キャロル・ダンバースは、もともと超人的な力を持っているわけではありませんでした。

キャロル・ダンバースが悪役にさらわれた時に恋人が救いに来て、その時に大きな爆発に巻き込まれてしまったのです。

その時に、キャプテン・マーベルのDNAがキャロル・ダンバースに流れ込んでしまったことで、彼と同等の能力を手に入れたというわけなんです。

その後、キャプテン・マーベル(キャロル・ダンバース)は、スターフォースというクリー人の特殊部隊で活躍します。

ある日、キャプテン・マーベルは地球にあるアメリカ合衆国・ロサンゼルスに落下し、彼女の失われた記憶をめぐって、物語が進んでいくことになります。

それ以降は、キャロル・ダンバースもアベンジャーズに加入し、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『X-MEN』で大活躍を遂げています。



キャプテン・マーベルはもちろん最強でもある?

すでにお話したように、キャプテン・マーベルは前代未聞とも言える能力を保持しています。

そのために、当然のことでしょうが、あまりにも強すぎると映画の公開前から話題になっています。

そうなると、キャプテン・マーベルの強さがどれくらいのものなのか気になりますよね?

これまでに、マーベル・シネマティック・ユニバース(マーベル・スタジオが制作するスーパーヒーロー映画の総称)の歴代作品には、

「スパイダーマン」

「キャプテン・アメリカ」

「アイアンマン」

「ブラックパンサー」

など、数多くのスーパーヒーローが登場してきました。

しかし、これらスーパーヒーローと比較をしても、キャプテン・マーベルの圧倒的な強さは群を抜いています。

キャプテン・マーベルのパワーがどれくらい凄いかというと、ほかのスーパーヒーローがいなくても、キャプテン・マーベルは一人で勝負ができてしまうほどなんです。

それに加えて、キャプテン・マーベルは、ただパワーがあるというだけではないのが凄いところです。

キャプテン・マーベルの場合は、なんと、外見まで変わったりしてしまうんです!

ですので、その様子を目にしただけでも、敵の戦闘能力は相当、落ちてしまいそうですね(笑)

いくら恋人であった男性のDNAをキャロル・ダンバースが取り込んだとはいえ、ここまで強いとなると、もはや反則レベルで最強のスーパーヒーロだとといっても過言ではないのではないでしょうか。

キャプテン・マーベルの持つ能力「フォトンブラスト」に注目!?

キャプテン・マーベルには、手から出る光線「フォトンブラスト」は、手から出る光線です。

謎に包まれているところも多い「フォトンブラスト」ですが、映画の予告動画では、キャプテン・マーベルがフォトンブラストを披露するシーンも含まれています。

そのため、マーベル・シリーズのファンの間では、フォトンブラストがキャプテン・マーベルの必殺技になるのではないかとの予想がされています。

フォトンブラストは飛ぶ攻撃なので便利ですが、その反面、近いほど攻撃のダメージが大きくなるため、長距離での攻撃では攻撃力が落ちてしまうという弱点があります。

しかも、キャプテン・マーベル自身もまだ完璧にはフォトンブラストを使いこなせていない様子・・・

ですが、予告動画にフォトンブラストが出てきたということからも、ボスを倒すときなど大切な場面でフォトンブラストが大きな威力を発揮するのかもしれません。

そのほかにも、キャプテン・マーベルには、フォトンブラストのような攻撃だけではなく、逆にエネルギーを吸収して核爆発レベルのパワーを獲得してしまう能力などもあり、キャプテン・マーベルから目を離せませんね!



キャプテン・マーベルは人間らしいヒーロー

引用:france-chebunbun.com

主演のブリ・ラーソンは、この役について次のように語っています。

「キャプテン・マーベルは自分のありのままでしかいられないんですよ。彼女は攻撃的で短気なんです。面と向かって人の領域を侵してくるようなところがありますね。すぐに物事に向かっていくタイプですし、彼女が闘いですごい働きを見せるのはそういう部分があるからです。彼女は現場には一番最初に到着するし、命令も待たないんです。でも、命令を待たないところはキャラクターの欠点でもありますね」と語っています。

このブリー・ラーソンの言葉からも、いかにキャプテン・マーベルが人間らしいヒーローなのかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

そして、監督のアンナ・ボーデンは、MCUシリーズ初の女性監督となります。

監督のアンナ・ボーデンもキャプテン・マーベルというキャラクターについては次のように語っています。

「映画『キャプテン・マーベル』は、完璧で現実離れしていたり、神とつながりを持っていたりするスーパーヒーローの話ではないんです。キャプテン・マーベルがどうして特別なのかというと、キャプテン・マーベルというキャラクターはとても人間らしいからなんです。彼女は面白いけれど、いつもいいジョークを言うとは限りません。頑固で向こう見ずなので、いつも最善の決断をするわけでもありません。でも、彼女の芯にはハートと人間味がありますし、ゴチャゴチャとしている混乱した部分があるんですよ」。

主演のブリー・ラーソン、監督のアンナ・ボーデン、この二人の言葉からもキャプテン・マーベルがいかに人間らしさに溢れ、欠点も受け入れている現代社会にぴったりのヒーローといえますね。

映画『キャプテン・マーベル』は、2019年3月15日に全国ロードショー。

この春は、人間らしくも最強のヒーロー「キャプテン・マーベル」から目が離せませんね!!