紅葉(2018年)関西の穴場12選

紅葉



関西は紅葉の時期になると、穴場スポットがインスタ映えや、多くの観光客で賑わいを見せます。

今年の秋はどんな名所に行こうか・・・秋の行楽を考えている方へおすすめしたいのが関西の秋を感じる穴場スポットです。

そこで本日は、大阪・京都・奈良・兵庫の紅葉穴場スポットをご紹介します。

紅葉穴場スポット2018!大阪編3選

大阪城公園(大阪市)

大阪の都心で気軽に紅葉を楽しめる定番地として知られている大阪城公園。

車でも電車でもアクセスに適していて、秋の心地よい空気と自然を満喫しながら、公園をのんびり歩くのも良いですよね。

都心で紅葉を楽しみながらあちこち巡って忙しくなく歩きたい方にはこちらがおすすめですよ。

大阪城公園の紅葉を楽しむポイントとしては、まず森ノ宮駅前の入り口から入ると、右側にイチョウ並木が長引くエリアがあり、ゆるーく散策するのに向いています。

また、天守閣の前に樹齢300年の有名な大イチョウがあり、桜の名所としても知られている西の丸庭園にじゃ、約3000本もの桜並木が真っ赤に色づく様子を拝めますよ。

紅葉の見ごろは11月上旬から12月上旬です。

電車→jR大阪環状線大阪城公園駅か森ノ宮駅または、地下鉄中央線森ノ宮駅すぐです。

車→阪神高速東大阪線豊栄坂出口より直ぐ。

箕面公園(箕面市)

大阪の方に紅葉の名所は?と聞くと、箕面公園だと殆どの人が答えるほどの観光スポットです。

箕面公園が人気なのは、「日本の滝百選」にも選ばれた33メートルの箕面滝と真っ赤に色づいた紅葉のコラボがここでしか見られない”限定”の風情を醸し出しているからではないかと思います。

大自然と滝の融合をとくとご覧くださいね。

箕面駅から箕面滝まで渓流沿いにハイキングコースになっているところも気長に散策出来るメリットです。

紅葉の見頃は11月上旬から12月上旬までです。

電車→阪急箕面線箕面駅から徒歩40分

車→名神高速茨木ICから約30分、名神高速吹田ICから約30分

万博記念公園(吹田市)

http://rankingxx.com/2017/09/08/oosaka_kouyou/

太陽の塔として知名度の高い万博公園も紅葉穴場スポットとして知られているんです。

広大な敷地の中では約20種類1万本の紅葉を楽しめ、自然公園と日本庭園ではその景観をより一層、味わえます。

万博記念公園のすぐ付近には、エキスポシティなどの大型商業施設もありますので、紅葉だけでなく、ショッピングも楽しめますよ。

日本庭園の茶室から眺める紅葉もまた、日本の風情を感じさせ、海外の方にも人気があります。

紅葉の見頃は11月上旬から11月下旬までです。

電車→大阪モノレール万博記念公園駅より徒歩5分

車→名神高速、近畿道、中国道、各吹田いCより公園外周道路経由で直ぐ

紅葉穴場スポット2018!兵庫編3選

http://www.kobeherb.com/topics/4625

神戸の街並みを見下ろせる山頂にある有名なハーブ園です。

ロープウェイに乗って10分で山頂に上がれます。

眼下にある真っ赤に色づいた紅葉を眺めながら登るので、家族、友人、カップルで会話が弾みそうですね。

山頂へ着くと、そこでも約500本もあるモミジや山桜などの紅葉が園内を彩り、眼下にある神戸の街並みとキラキラ光る海にテンションが上がること間違いなしです!

見頃は、11月中旬から12月上旬で、ロープウェイは往復込み大人1400円、子供、700円です。

好古園(姫路市)

http://www.himeji-machishin.jp

好古円は姫路城を借景に1992年に開園した日本庭園の一つです。

約3慢3000平方メートルの敷地にほとんどが落ち葉樹だけの庭など大小9つの庭園で構成されています。

そして、それぞれの庭園の門や堀をくぐるごとに風情が変わる趣向を凝らしているので、日本庭園好きで変化に飛んだ紅葉を見たいならここです!

電車→JR姫路駅から徒歩15分

車→姫路バイパス中地ICから権藤62号経由約5キロ20m

瑞宝寺公園(神戸市)

https://blogs.yahoo.co.jp/b44622000

瑞宝寺公園は有馬温泉の南東部に位置して、県下有数の紅葉名所として有名どころな穴場スポットです。

また、歴史的な意味で、1873年に廃寺になった「瑞宝寺」の跡地を公園に改造したものなんです。

かつては、豊臣秀吉と千利休が度々、お茶会を開いて、”いくら見ても飽きない”と言ったことから、日暮らしの庭とも呼ばれています。

公園内には、豊臣秀吉が愛用した石の基盤も残っているので、歴女な方なども訪れてみてはいかがでしょうか。

紅葉の見ごろは、11月上旬から11月下旬。

電車→神戸夕ません悠馬温泉駅から徒歩10分

車→中国自動車道西宮北ICから約15分

紅葉穴場スポット2018!奈良編3選!

奈良公園

東京ドーム141個分の総面積660ヘクタールにも及ぶ広大な奈良公園は、国の天然記念物に指定されている野生の鹿と触れ合える穴場スポット。

春日大社や東大寺、興福寺など世界遺産の名高い寺社が点在し、秋に園内随所で様々な紅葉が堪能できますよ。

家族連れやカップルで過ごすのにもおすすめですね。

私も小さい頃、祖母が関西地方在住なので、ここへ行ったことがありましたが、当時2歳頃だった私は鹿にちょっと怯んだのを覚えています。

公園内の鷲池に浮かぶ檜皮葺の六角堂もまた一段と違う魅力があります。

池に逆さに映る六角堂と背景の紅葉はなんともいえない情緒ある風情があって、生で見る価値はあります。

紅葉の見ごろは10月下旬から12月上旬です。

電車→近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩5分

車→第二坂奈道路蓬莱出入り口から国道308号・県道1号を経由して国道360号を奈良県庁方面へ車で6キロ。

3000本の楓が圧巻!談山神社

https://koyo.walkerplus.com/detail/ar0729e13054/

談山神社は、藤原鎌足公が祀られている有名な神社です。

秋には約3000本のカエデが赤や黄色に色づき、重要文化財でもある藤原鎌足公を大切にするために、建てられた十三重塔の壮観な光景とマッチしていますよ。

また、縁結びの神社としても有名で、縁結びの神として知られている鏡女(かがみのおおきみ)は、藤原鎌即公の妻です。

鏡女王は情熱的な恋の歌を残してきた歌人として知られていて、女性として幸せな一生を過ごしてきたといわれています。

境内には、恋ロードと言われる道を通って恋神神社へ行きますが、「むすびの岩座」と呼ばれる岩に触って願いをかけると恋がうまくいくらしいです。

カップルの方は、夜にロマンチックな紅葉デートをしてみるのもいいかもしれませんね。

紅葉の見ごろは、11月中旬から12月上旬。

電車→近鉄大阪線JR桜井駅からバスに乗り約25分 談山神社から下車徒歩3分。

車→西名坂自動車道天理ICから約50分。

吉野山

http://87yama.sakura.ne.jp/autumn2016.html

世界遺産の吉野山は、春には千本桜で有名です。

下千本、中千本、上千本、そして、奥千本というそれぞれ個々の魅力がありますよ。

シーズン中は見事な紅葉が見れるので、無料駐車場に車を止めて、行けるところまでゆったり散策する楽しみ方もありますね。

また、一番遠い奥千本は無料駐車場から歩いて90分以上かかりますが、中千本と上千本の間に奥千本行きのマイクロバスがあるので、そちらを利用すれば、持病を抱えている方や高齢の方、小さなお子さんを連れている方でも安心して奥千本まで行けますよ。

紅葉穴場スポット2018!京都編3選!

嵐山

https://www.jalan.net/news/article/196970/

京都の嵐山は言わずと知れた紅葉の名所で、かつて、昭和歌謡界の女王と呼ばれた、美空ひばりさんの記念館があった場所としても有名です。

私はひばりさんのファンで、子どもの頃、ひばりさん目的で嵐山を訪れた事がありましたが、その時の紅葉といったら絵画のように美しかったのを覚えています。

テレビなどである、「見たい紅葉ランキング」などでは上位候補になる嵐山。

”そうだ、京都へ行こう”と思わず思い立って行動したくなるような外国の方にも知名度の高い名所です。

宝厳院

https://plaza.rakuten.co.jp/stephen1969/diary/201709120002/

京都では紅葉の時期にライトアップの夜間拝観を行う寺院が増えているようです。

そのなかでも、世界遺産天龍塔頭の宝厳院を紹介します。

昼間は美しい緑と燃える赤のコントラストが非常に絶景なんです。

庭園は和の趣が感じられる雰囲気ですが、夜間拝観は全く異なる顔を覗かせてくれますよ。

紅葉の見ごろは11月下旬から12月上旬。

電車→京都市バス嵐山天龍駅、京都市バス「嵐山駅前」徒歩5分

仁和寺

世界遺産としても認定された仁和寺は紅葉穴場スポットとしても有名です。

京都市内に4基ある五重の塔がここにあり、重要文化財に指定されています。

五重の塔周辺の真っ赤に燃えるように染まるモミジを是非、ご堪能下さい。

電車→嵐殿北野線御室仁和寺駅下車すぐ

車→名神高速道路京都南ICから国道1号、府道181号、府道を経由して約12キロ。

北野天満宮もみじ苑

春には梅の名所として名高いですが、紅葉の名所としても知られています。

豊臣秀吉が築いた遺構、「史跡御土居のもみじ苑」では、惜しまれるほどの紅葉が!

もみじ苑の最上部には、境内を見下ろせる展望スポットも存在します。

もみじ苑に植え付けられた紅葉の木々が、本殿におりかかる紅葉の雨のように見えるでしょう。

JR京都駅より市バス50・101系統他。

紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬です。

まとめ 関西の秋の穴場スポットは人に優しい距離感と自然のなかで紅葉を楽しめる

  1. 秋のお出掛けスポットが多く、紅葉や滝といった自然のなかで余裕をもって散策出来る場所が穴場スポットに多い
  2. マイクロバスが利用出来る、駅から近い距離にあるなど、障害、持病を抱えている方、体力のあまりない小さなお子さんがいる方などに優しい配慮がされている。