ママ友から無視される!リアルなママ達の体験

ママ友

仲良かったママ友から無視されるというリアルな体験をしたら悩みますね。

なぜ、ママ友は急に無視をするようになったのだろう?

何か悪いことをしたのかな?

悩んで数日寝られないことがあります。

ママ友から無視されたリアルな体験を紹介していきますが、「私もあるある」という人が多いかもしれません。
そんな時は何より、子ども同士の関係もとても心配になります。



ママ友から無視されたリアルな体験談

ママ友から無視された経験がある人の体験談をみると、少しの意見の食い違いや自分が言ったことがきっかけで無視されるようになった人もいれば、全く原因がわからずに自分だけ無視されるという体験をした人もいます。

体験談① 自分といるときだけ無視

他のママ友といるときは、普通の態度で接するのに、他のママ友といるときはさりげなく無視します。

例えば、数人で話しているときは私に対し他のママ友と同じように接するのに、マンションのエレベーターなどで2人だけであったときは無視します。

理由を聞いても別にだけで理由を話しません。他のママが私に話しかけると、そのママ友は離れるという感じです。
子ども同士が仲良くしているので、余計会う機会が多くつらいです。

体験談② 役員会の意見の相違から無視

役員会の意見の相違から、意見が違う相手は敵のようにみなし、しっかりと役員会の仕事をこなして耐えていたことがますます敵視されました。

役員会の連絡事項のメールも無視留守番電話の伝言も無視されました。私は耐えていましたが、その無視ママは陰で私の割口を言いふらしていました。クラスが変わったから良かったけれど、今でも時々会うとドキドキします。

体験談③ ママたちが無視されている現場を何度も目撃

ママ友が他のママ友を露骨に無視する現場や無視される様子を何度も見ました

それを見て、大人の女性としてその行動はどうか、挨拶されても返さないってどういうことかと考えましたが、結論は自分が巻き込まれないようにしようということでした。

女同士だと合う、合わないがあり、それが露骨な無視につながることもあります。

無視されても落ち度がないように挨拶はきちっとする方がいいと思います。

体験談④ 距離を置いたママからバッサリと無視

自分のプライベートをペラペラと話すママ友がいて、私のこともペラペラ話されているのではないかと距離を置くようになりました

忙しいからと離れようと思ったのですが、そのママ友はバッサリと私を無視するようになりました。

お迎えの時、そのママ友がいるときは少し離れたところで待っていて、すれ違うこともないように過ごし、なんとか卒園することができました。

体験談⑤ マンションと幼稚園が一緒のママから無視されている

マンションや幼稚園が一緒のママ友から完全に無視されています。

さばさばした性格で思ったことをズバッという性格なので、言動が嫌だったのかもしれません

本人は、ずっと言動に傷ついていたということで、はっきり言ってくれればいいのにと裏切られた気分です。

体験談⑥ 子どもに言ったことが違う形で伝わり無視される

あいさつしても無視お茶の誘いもなくなったなど、急に無視されることがあると、どうしてなのか戸惑います。

ママ友の1人に尋ねたら、私が無視しているママ友のことを「そのママ友は皆で仲良くできないいじわるな子だね」と言っていたという話しを聞いて、ママ友は怒って無視するようになったみたいです。

実は子どもが他の子どもに「ママがそういっている」と話していたみたいです。

以前、子どもに「皆で仲良くしなくちゃね。新しい友達にも優しくしてあげなくちゃ」と話したことが違った形でつたわったようです

相手が無視しても必ず挨拶をしようと心に決めました。



無視しているママ友の意見

無視しているママ友には、無視するようになった課程があるようです。

いろいろなことが積み重なり、無視に至ったケースもあります。

無視されている側と無視している側の誤解や意見の相違、行動の結果によるなど、無視しているママ友の言い分もみてみましょう。

無視するママ友の言い分①

無視するママは、ママ友と会うとすぐに嫁姑の愚痴をきかされます。

毎回会うたびに愚痴ばかりなのでうんざりしてしまい、そのため、自分の気持ちを黒くしたくないので避けるようになりました

バス停に子供を迎えに行くときもバスが到着するまで、車の中で本を読んで、話かけてこれないようにしています

苦しい気持ちはわかるけれど、そのために自分が家族に当たったり疲れてしまいたくないので距離を置くことにしました。ただ、挨拶と天気の話はするようにしています

無視するママ友の言い分②

最初は、そのママに話を合わせていたけれど、そのうちに頭痛がするほどストレスになり一緒にいたら精神的に参るので、距離を置くことにしました

自慢話や話に割り込んでくる、持っている物をチェックし、それを真似するなど、何度もいろいろなことがあってついに避けることにしました。

その人が近くに来たら背を向けてしまいます

無視するママ友の言い分③

子どもが小学生の頃に、自分の子供が悪いのに素直に認めない親に対しては、特に近寄らず距離をおきました

自分から無視しあわけではないですが、不愉快な思いをしたくないので近寄らないようにしています。

小学生の頃は、そんなことはひんぱんにありました。

無視するママ友の言い分④

嫌だと思うママとは生理的に拒否してしまいます。

気軽に挨拶すると、そのママはすぐに入ってきて、暴言を吐いたり、自慢話をしたり、指図されることがわかっているので、近くにこないでほしいということをわかってもらうために無視するという形になっています。

懲りずにやってきて、嫌味な話を聞かされたりするので修復は無理だと思っています。

無視するママ友の言い分⑤

会いたくないと思う人から、しつこくメールがきます。

こちらが避けているのに気が付かないふりをしてしつこく誘ってきます。

しつこく誘ってくる人は無理やりいうことをきかせたいのかなと思います。
理由があって避けているのだから、寄ってこないでほしいと思います。



ママ友に無視されたときの対処の仕方

狭いコミュニティでママ友に無視されたらつらいですね。
でも、無視する側にも言い分があってそのような状況になったケースが多いです。

ママ友はそれほど無視しているという自覚がなく無視する場合と、わざと無視する場合とがあります。
前者の場合は、こちらから「どうして」と尋ねると「そんなつもりはなかった」とすぐに無視する態度がなくなるかもしれません。

わざと無視している側の気持ちは、「私に近づいてほしくない」「かかわりたくない」「話のも嫌」など、さまざまな気持ちが交差して無視に至っている場合が多いです。

そのような場合は、ママ友となんとか関係を取り戻そうとすればこじれるばかりです。
こじれた関係を修復はなかなか難しいものです。

では、無視されている側としてどのように対処したらいいのでしょう?

同じように無視するのがいいのか態度に困りますね。悩みも膨らみます。
心理カウンセラーの熊沢さなさんはこのように話しています。

執着しないでおきましょう・・・ママ友は敵じゃないです。子供同士も、ママ友同士も、嫌な事があったり喧嘩する事があっても、敵じゃないです。こういう気持ちで接すると、執着は薄れていきます。敵を作ると、戦い続けなくちゃいけない。その間に、幸せな時間が奪われていくんです。ご機嫌は無敵です。眉間にシワを寄せている人に「ごきげんよう♪」と言える人が無敵です。可愛いお子さんのために、殻を破る勇気を出してください。・・・外で話し声がしたら、こんにちは〜って普通に言ってみて!そして、相手の反応を見張らない。相手の反応は相手の都合だと割り切りましょ。自分が気持ち良く挨拶できた事だけに意識を向けましょうね。自分の世界は自分で作り上げるのです。
引用元:https://ameblo.jp/mama-counseling/entry-12195724178.html
このように、相手が無視しようが無視すまいが相手の反応を見張らず、まず機嫌よく自分が相手に挨拶できたことをほめるのです
ただ、相手が避けているなら挨拶だけで近づかないことも必要かもしれません。
近づきすぎず適度な距離をとっていつも笑顔でいると、気持ちよく自分の世界を築き上げられます。

最後に

ママ友の無視は、心がへし折れてしまいます。

会うこともつらい状況に置かれるでしょう。

なぜ、そのような態度をとるのか自分ではわからないときはなおさらです。
自分の言ったことがママ友を苦しめていたり、ママ友に嫌な思いをさせていることもあります。

もし、無視されている理由を直接本人に尋ねることができるなら、謝ることもできるでしょう。

すぐに修復は難しいので、無視されてひとりだと辛いけれど、しばらくはあまり近づかない方がいい場合があります。ただ、ママ友が無視しても笑顔で挨拶だけはいつもするようにしましょうね。