【子供の髪型】女の子編 ショートからロングまで

女の子



2018年!ハロウィンやクリスマスなど仮装をする時や、普段、学校にしていっても大丈夫な女の子の髪型を紹介します。

2018年!女の子の髪型は今こんなのが流行ってます!ロング編

2018年春ドラマ!「花のち晴れ!」真矢愛莉の靴紐風レースアップツインテール

http://www.twgram.me/tag/リボンレースアップ/

今年の春に話題となった、TBSドラマ、「花のち晴れ」に登場した、今井美桜さん演じた、真矢愛莉の髪型が大人や子どもの間で大流行!

愛莉の靴紐にも似た、レースアップツインテールというヘアスタイルが流行っています。

大人の女性の間でも、編み込み+リボンがトレンドとなっていて、ライブや夏祭りに出掛ける時や、友達と遊ぶ時にも”派手可愛く”きまりますよ。

かなり目立つ髪型で、凝った方法で髪を結わえるので、幼稚園・保育園、小学校での体育の授業のことを考えると、学校以外の時にこの髪型にするのはありです。

簡単可愛い!くるりんぱハートヘア

https://www.tescom-kireilab.jp/hair/6882/

毛束を分けて通すだけの”くるりんぱ”という若い女性にも流行っている方法をハート型に活かしています。

幼児のお子さんはお母さんに教えてもらいながら、小学生のお子さんは、低学年のうちはお母さんに、中学年から自分で少しずつ練習してやれるようになれる髪型です。

子供でも覚えやすい方法ですし、学校でしていってもそれほど目立つこともありません。

もう一つ、別の方法で、三つ編みを大きめのハートにするこちらの方法もおすすめです。

ただ、幼稚園(または保育園)、小学校にて、男の子にちょっかいを出されて引っ張られたりしないように注意してください。

ママもわかりやすい裏編み込み

https://comona.jp/60652

こちらのお母さんは娘さんに裏編み込みをしています。

やり方の解説も丁寧で、何よりもお子さんが痛がらないように工夫しているので、小さいお子さんがいる家庭でも実践してみてくださいね。

2018年!女の子の髪型は今こんなのが流行ってます!セミロング編

時短アレンジ!くるりんぱ可愛いヘア

前述したように、毛束を分けてから通す、くるりんぱという方法をひたすら繰り返して作るヘアスタイルです。

幼稚園、保育園、小学校でも適応出来るシンプルだけど可愛い髪型になります。

くるりんぱの方法さえ分かっていれば、忙しい朝でもすぐお子さんの髪を整えられますよ。

セミロングでもできる!必要なのはヘアゴム2個だけ!

https://blogtag.ameba.jp/detail/ハートヘア

かなり凝った髪型なので、デメリットでいうと、時間がかかります。

また、この髪型をやる時は休日にやるのがおすすめです。

アレンジする際は、この動画のように、幅広いヘアクリップを使うと作りやすいですよ。

編み込みヘアをマスターして、裏編み込みの方法を駆使して使ったヘアスタイルです。

メリットとしては、セミロングスタイルでも、ヘアゴム二つで作れるということです。

体育の授業や運動会にしていてもOK!崩れない!ゆる三つ編み

http://cawaii-hair.tokyo/haircata/arrange/1000360/

ゆるっとしていますが、ほどけにくさがメリットです。

運動会や小学校の体育の授業にも対応しています。

2018年女の子の髪型は今こんなのが流行ってます!おかっぱなど編

小さめのお団子ツインヘア

http://www.mammemo.net/article/439642556.html

  1. 全体の髪を中心で二つ分けしてから、両サイドをヘアゴムで結ぶ。
  2. 毛束を人差し指に巻き付けるようにねじる
  3. ねじった毛束をゴムで隠すように根元につける
  4. あまった部分を星やハートのヘアクリップで止めると尚可愛くなりますよ。

ふわっとエアリー巻き+リボンなど

https://topicks.jp/49490

お子さんのボブカットの頭を軽くヘアアイロンで巻いてください。

次にリボンやカチューシャなどお子さんの要望に合わせたヘアアクセサリーを付けるだけ。

時短でシンプルなのに可愛く見えます。

忙しい時でも安心です。

巻き方は画像の女の子のように学校や保育園などでもあまり気に止められないくらいの軽い感じにしてください。

寝ぐせがついて髪全体がぽわっとしていたら、それを敢えて活かすのも良いですよ。

くるりんぱハート+ボブハーフアップ

くるりんぱとハートヘアを作り、ハーフアップに仕上げる髪型を含め、編み込みなど様々なボブヘアでやれる髪型が紹介されている動画です。

編み込み方法によっては、かなり難しい方法も途中出てきますが、おかっぱ頭って何か今風に出来ないかなって思った時に便利ですよ

時短ですぐ慣れる!親子でやってみて!くるりんぱボブ

  1. くるりんぱ方法はボブショートカットでも使えます。
  2. 動画のように、トップの髪を結んだら、毛束を分け、その分け目の間に通すくるりんぱヘアを実践します。
  3. くるりんぱヘアを作ったらゴムを上に上げてギュっとします。
  4. トップを引き立てて、再び3の結び方を繰り返します。
  5. 余裕がある時は下の髪も同じように毛束をとってやってみてくださいね。

簡単で可愛く、おしゃれな子ども用ポニーというヘアゴムでやるか、薄い小さめの伸縮性あるゴムを使うことをおすすめします。

くるりんぱ+三つ編みおさげ+リボンで可愛くなれる

ボブカットでも、くるりんぱ+三つ編みと仕上げにリボンを結べば簡単可愛いヘアスタイルに慣れます。

くるりんぱを繰り返したら、三つ編みを作り、三つ編みの毛先でなく、編んだ髪のトップにしてください。

画像で見るとこんな感じになります・・・。

https://www.youtube.com/

2018年!女の子の髪型は今こんなのが流行ってます!ショート編

ショートヘア編み込み。

ショートでもかっこよく子供ヘアでも、幼くなりすぎず、大人っぽくきまります。

ボーイッシュなスタイルが好きな女の子にもおすすめですよ。

アシンメトリー風ねじりヘア

 

髪をねじって止めたり、ワックスを使用、またはヘアアイロンを駆使して巻いてみると、アシメントリー風ヘアが完成します。

ショートは特に、巻いてみると綺麗めにもなるので、学校や幼稚園などでお友達の注目を浴びそうです。

100均などのゴールドへアピンを駆使

無造作×フリースタイルアレンジ

https://laurier.press/i/Hair_37593

https://laurier.press/i/Hair_37593

100円ショップのヘアピンを三角型などにしてショートヘアに複数ジグザグみたいにつけてみるのはいかがでしょうか。

お団子×くるりんぱ×ヘアピン=ゆるっとしたダルカワイイ

https://laurier.press/i/Hair_37593

大人になっても使えるので、お子さんが小学校中学年になる頃には一人でできそうな髪型ですね。

大人っぽくなれるので、ツインテールやおさげは子どもっぽくてやだなぁと思っているお子さんにもおすすめしたいです。

ゆるっとした寝起きのような気だるさが感じられますが、お団子できちっとまとまるので、体育の授業、運動会の練習の時にも崩れにくいのがポイントですよ。

まとめ 女の子の髪型は自由自在!身近なもので簡単カワイイ

「花のち晴れ」の、リボンレースアップやハートヘアなど誰もが見ても可愛く見える流行ヘアもありますが、ショートヘアをヘアピンでアレンジしたり、ゴムやリボンで簡単にねじる、若い女性も使うことの多い、”くるりんぱ方法”を使って時短に仕上げることも、忙しいお母さんの手間がかからないメリットにもなりますね。