子供服の収納ケース使い比べ(ニトリ・無印・100均)

収納ケース

子供服の収納方法はいくつかあります。

その1つとして、収納ケースを使う方も多いのではないでしょうか。

インターネット、ショッピングセンター、ホームセンターなどあらゆるお店で販売されている収納ケースですが、このように数が多すぎると、どれを購入したらいいのかと迷ってしまいます。

今回はその中から、全国展開さてれている「ニトリ」「無印」「100均」の人気3店に絞り、ケースの比較をしてみました。



■1:収納ケースとは

ちょっと気を抜くと散らかってしまう部屋・・・

そんな悩みを解決してくれる存在となっている収納ケース。

衣類は勿論ですが、お子さんのおもちゃ入れ、キッチン周り、ペット用品、日用雑貨の整理整頓とあらゆる場所で大活躍してくれます。

素材やサイズそして個性はお店によりさまざまなので、選ぶのが楽しい反面、迷いも増えてしまうのです。

「収納ケース」はいくつかのタイプがあります

ボックス型引き出しタイプ

高さも奥行きもさまざまなタイプが販売されています。

角か直角に近いため、収納がとてもしやすいです。

多段式チェストタイプ

多段式の為、収納力は抜群です。

最近は素材やカラーも豊富で、お洒落なタイプも多く見受けられますね。

フタつきスタックタイプ

フタがついているけれど、積み重ねたまま開閉できることが最大のポイント!

フタが大きいものが多いので取り出す時も苦労知らずです。

フタつき収納タイプ

積み重ねることはできますが、出し入れする時は他のタイプよりも少々手間です。

しかし、空きスペースを有効活用したい時などには一番おススメです。



お店について

収納ケースの比較をする前にどんなお店なのかを簡単にご紹介させていただきます。

ニトリ

北海道札幌市に本社を置き、全国にチェーン展開している家具、インテリアの量販店です。

「ニトリ」とは、創業者の「似鳥昭雄」さんの名字から名付けられました。

ちなみに、アメリカには似鳥昭雄さんの名前から名付けられた「Aki-Home」もあります。

ニトリは現在日本国内だけではなく台湾や中国などにもあり、店舗数は600店舗以上もあるそうです。

「お、ねだん以上。」

キャッチコピーがとても印象的な会社でもありますよね。

本当にコストパフォーマンスがいい商品が揃っていますので、このキャッチコピーが本当にぴったりだなと、お店に行くと毎回思います。

何故このような事ができるのかを調べたところ、材料の仕入れから生産、輸入、販売そして商品の配送までほぼすべてをグループ直営で行っていました。

北海道、東北、関東、関西、九州に直営の物流センターがあるんですね!

無印

「無印良品」「MUJI」は東京都に本社を置く、株式会社良品計画が手掛けるブランドです。

もともとは、スーパーマーケット「西友」のプライベートブランドでしたが独立し、今に至ります。

「わけあって、安い」

このキャッチコピーにある「わけ」とは、いったいどんなことなのでしょうか。

素材の選択

食品の場合は品質に問題はないけれど見栄えの良くない素材を使用し、インテリアや家具などは古紙を再利用したり残糸や残反などのいわゆる「捨てられるもの」を利用しています。

工場の見直し

必要のない選別や漂白などを省き、時間とコストを削減。

包装の簡略

個包装は必要最低限にしたり無駄な包装は省いています。

あやるゆ無駄を省いていった結果、シンプル&ナチュラルな商品が出来上がっていったのですね。

100均

店内全品100円で販売しているお店です。

有名なショップは「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」「レモン」「ワッツ」などがあります。

※ダイソーは100円以外も商品も取り扱っています。

食品からカー用品まで何でも揃うのが100均のいいところです。

アイデア商品の宝庫でもあり、最近では海外旅行のお土産にも人気のようです。



ニトリの売れ筋収納ケースはズバリこれ!

ニトリでは「ボックス」「チェスト」「スタック」「フタつき収納」いずれも充実した品揃えです。

ボックスタイプなどの定番収納ケースはもちろんですが、現在発売されているシリーズの中で一押しの商品は「フラッテシリーズ」です。

フラッテシリーズ

壁フレーム構造の収納となっています。

子供が身につける衣類には近づけたくないほこりをシャットアウトしてくれますし、フタはとても大きく開くので中身を出すのも入れるのも簡単です。

引き出しタイプもあり、2パターンを組み合わせて使うこともできます。

カラーが豊富なところもうれしいですよね♪

一番上はフタをとって、リュックやランドセルなどを入れて使っている方も多いようです。

アイデア次第でいろいろ楽しめる収納ケースです。

無印の売れ筋収納ケースはズバリこれ!

無印と言ったらポリプロピレンの収納ケースです

様々な収納に使える無印の定番人気商品です。

ポリプロピレンとは

ポリプロピレン(PP)は非常に軽く、しかも強度が強いプラスチック素材です。

透明度、発色性、耐熱、耐冷性に優れているので食器からインテリアまで幅広く使われています。

じゅうぶんな厚みがありとても丈夫なため、重ねて使っても安心。

形もシンプルでカラーも半透明のホワイトグレーなので老若男女問わず選ばれています。

どんな部屋にも合うところも高ポイントですね♪

100均は便利アイテムの宝庫です!

100均でおススメしたい収納ケースは不織布の収納ケースです。

使わない時はコンパクトに片づけることができますし、2段くらいでしたら積み重ねることも可能です。

他にも収納ケースはありますが、サイズが小さいものがほとんどです。

子供服の収納には不向きなのではないかと思うかもしれませんが小さなケースも使い方によってはとても重宝します。

靴下やハンカチなどを収納するのにはちょうどいいですよね。

いくつかまとめて購入し、並べると見た目も可愛らしいです♪

コラボを楽しみましょう

収納ケースは仕切りがなく大容量なものがほとんどです。

たくさん入るのはいいけれど、きれいにたたんで収納しても気づいた時には崩れていたり・・・

きれいにを保ち、整理整頓することはとても難しいと思います。

そこでおススメしたいのが、100円グッズとのコラボです。

仕切ったり、付け足したりすることで一気に整理整頓が楽になること間違いなし!

ケースを仕切る

子供服は小さいので1列ではなく2列3列になることが多いと思います。

仕切りがないと崩れてしまうので、ケースの中で埋もれてしまい気づかれない存在の服ができてしまいます。

専用の仕切り板も販売していますが、小さなケースもこのように使えて便利です。

突っ張り棒でハンガーラック

https://twitter.com/Cha03Chan/status/1082919520740683781

こちらはニトリの収納ボックスに100均の突っ張り棒を付けたハンガーラックです。

子供服は軽いので、こんな使い方も可能ですね♪

※突っ張り棒は数種類のサイズがありますので購入する時はサイズをご確認下さい。

ニトリはこの収納ボックスも現在とても人気です。

深さも2種類あり、カラーも豊富なところが魅力的ですね。

まとめ

いかがでしたか?

「カラフルな収納ケースで見える収納を楽しみたい」「なるべく目立たせたくない」など、お好みはさまざまだと思います。

今回ご紹介した「ニトリ」「無印」「100均」はシンプル&ナチュラルな商品の品ぞろえが豊富と言う共通点がありますが、個性やテーマは異なっています。

是非比較をご参考にしていただき、お好みの収納ケース&収納方法を見つけて下さいね。