クリスマス絵本 4歳児が一緒に楽しく読める絵本9選

クリスマス



4歳のお子さんが親子で一緒に楽しみながら読める絵本がクリスマスプレゼントアイテムになるのではないでしょうか。

そこで、4歳の子供向けの笑顔になれる絵本を9選紹介していきます。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本!①

わたしのワンピース

https://style.ehonnavi.net/goods/2017/04/07_071.html

にしまきかやこ著作、出版社はこぐま社です。

この本をお子さん買ったママさんによると、絵本の影響を受けた娘さんが、クリスマスプレゼントにミシンを要求したそうです。

画像のように、ぬいぐるみがセットになっているものもあるので、こちらはクリスマスプレゼントになりそうですよね。

野原ではぎれを見つけた白うさぎが、自分だけの特別なワンピースを作る物語です。

シンプルなストーリー性のなかに、子供が新しいことに関心を持ったり、何かに夢中になって取り組むことが楽しいことや、刺激、経験になることを伝えています。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本!②

サンタともりのなかまたち

https://www.yodobashi.com/product/100000009002847047/

バリーティムスとアグ・ジャッコウシュカ著書。

日本子どもの本研究会選定図書に認定されました。

クリスマスイブの朝、あなぐまは、サンタクロースから手紙をもらいました。

大雪でもみの木山のおくまさん一家が外にも行けずに困っているから、みんなに助けてほしいとのこと。

森の仲間達はさっそくサンタクロースの家に出掛けていきました。

サンタクロースはクリスマスの準備で多忙な状況・・・森の仲間でサンタクロースを手伝うという友情や人との繋がりの大切さを伝えています。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本③

クリスマスにはおくりもの

https://item.fril.jp/5196b6fac5f6ad066e0725fb3fd4fcbc

五味太郎著書、出版社は絵本館です。

愛らしく、どの年齢のお子さんにも馴染みやすいまるっとしたデザインの絵が素敵ですね。

サンタクロースがある家の女の子にクリスマスプレゼントを渡そうと、靴下にプレゼントを忍ばせます。

そこで、サンタクロースは女の子からプレゼントをくれたお返しが入っていることに気付きます。

人のことを思いやる優しい心を育てる絵本です。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本④

クリスマスイヴのこと

https://item.mercari.com/jp/m93313167783/

著者、クレメント・ムーアが難病にかかっている娘を励ますために作った作品です。

出版社は、セーラー出版で、世界中の子供達に認知されている有名な絵本ですl。

家族が寝静まった後、物音で目が覚めたお父さんが見たものは、8頭のトナカイがひくソリを鮮やかに卸に来たサンタクロース。

お茶目は風貌で踊る姿を密やかに見ていたお父さんは思わず笑いだします。

サンタクロースとお父さんのちょっとしたささやかなクリスマスの思い出を描いています。

サンタクロースは子どもが信じているだけのものではなく、大人にも童心に還ったような気持ちが芽生えて、クリスマスの時期に、サンタクロースの存在をふと、思い出す時があるのですね。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本⑤

洋菓子店西光亭のクッキー箱のリス!「リリーとナッツゆきのクリスマス」

https://gunosy.com/articles/Rbx97

「西光亭」という東京都渋谷区にある人気洋菓子店のクッキー箱のイラストのリスのキャラクターの絵本です。

ゆきのクリスマスというタイトルで、リスも、リリーとナッツという姉妹のキャラクターになりました。

2018年10月18日に佼成出版から刊行される最新のクリスマス絵本なんです。

仲良し姉妹のリス、リリーとナッツはお父さんから「雪」についての話を聞いて、サンタさんにあるお願いをすることにしました。

さて、二匹の微笑ましい願い事とは一体何でしょう・・・?

西光亭のクッキー缶のイラストを手掛ける、藤岡ちささんが書き下ろし!西光亭のお菓子は、ギフトに活用できるように豊富な種類が用意されていて、今回名前がついているリスのキャラクター、リリーとナッツは多くの人に知られているお菓子の箱の有名なパッケージイラストなんです。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本⑥

ピヨピヨメリークリスマス

工藤ノリコ作で、前述した、西光亭のリスのキャラクター、「リリーとナッツのクリスマス」と同じ佼成出版社から刊行です。

可愛いにわとりの親子のクリスマスの過ごし方を描いています。

にわとりのパパとママ、ちょっと”ブサかわいい”、5つ子のひよこちゃんたち・・・。

にわとりだからといって、クリスマスターキーを想像してはいけませんよ。

イラストがなんとも微笑ましく、めくった瞬間、愛くるしいにわとりのお母さんとひよこ達に癒されること間違いなしです。

丸いキャラクターってアンパンマンもそうですが、子供達を自然と安心させ、泣き止む効果がありますよね。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本⑦

ちいさなプリンセスソフィアはじめてがいっぱいのクリスマス

https://www.yodobashi.com/

ローリー・イスラエルとレイチェル・ㇽダーマン著書の講談社出版です。

ディズニーチャンネルにて、2013年に放送が開始されて以来、子供達から絶大な人気を誇る、”トレンドプリンセス”の一人、ソフィアを通してクリスマスが待ち遠しくなるような絵本です。

ディズニープリンセスの中で最年少、8歳のプリンセスであるソフィアは、これまではごく普通の女の子でした。

しかし、靴屋を営む母、ミランダが突然、国王ローランド2世と結婚したことによって、プリンセスに転身したのでした。

ソフィアは王宮の暮らしにも慣れ、エンチャンシア王国で初めてのクリスマスを迎えます。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本⑧

アナと雪の女王 かぞくのおもいで

https://item.mercari.com/

2014年に大ブームを引き起こし、現在でも高い人気を誇る、ディズニープリンセス作品の一つ、アナと雪の女王。

アナと雪の女王を見たことがある人は、この物語の深さを感じられると思います。

生まれつき、触れた物や人を凍らせる能力を持ったエルサは、両親を船の事故で亡くして以来、姉妹二人で生きてきました。

自分の生まれ持った能力のせいで周りに迷惑をかけるのではないかと心を閉ざしていたエルサが、自分の個性をアナや周りの支えで立ち直った後の物語です。

エルサとアナは家族の時間がほとんどなかったことを考え、生まれて初めて心置きなくクリスマスを楽しむことを計画します。

今年大ヒットした映画、「リメンバーミー」と同時上映され、多くの人の涙を誘った作品の絵本化です。

4歳の子供たちが笑顔になれるクリスマスに読みたい人気絵本⑨

ナイトメヤービフォアクリスマス

https://www.yodobashi.com/

 

映画化もされた、知名度の高いディズニー作品のひとつです。

作者は、「アリス・インワンダーランド」などを手掛ける、ティム・バートン。

出版社は、講談社です。

ハロウィンとクリスマス、両方に活かせるゴシックホラーな世界観がたまりません。

ハロウィンタウンに在住する骸骨のジャックは、生まれて初めてのクリスマスを体験しようと、ハロウィンタウンの住民に大々的に報告します。

仲間達と試行錯誤しながら、クリスマスを過ごすジャックですが・・・。

ゴーストが沢山登場しますが、ディズニー独特のお子さんが怖がらないタッチで描かれてます。

まとめ 4歳の子向けのクリスマス絵本は、家族みんなでほっこりさせられるメジャーな作品がおすすめ

4歳の子向けのクリスマス絵本は、ある程度、字が読めたり、周りのことが少しずつ理解できるようになってきたからこそ、メジャーで子供達に親しみやすい作品を選ぶことがおすすめです。

ディズニーやクリスマス絵本として知名度のある作品に触れることで家族みんなで心温まるクリスマスを過ごしたいですね。