【クリスマスの飾り2018】折り紙で子供も簡単に作れる方法

クリスマス

2018年のクリスマスは、ちょっとかわいらしい折り紙を使った手作りの飾りにしてみませんか。クリスマスツリーさえ、大き目の画用紙を使って作れば、後は折り紙を使ってサンタ、星、リボン、プレゼントボックスなど、かわいい飾り付けがいっぱいできますよ。



2018年は折り紙でかわいいクリスマスツリーを作ろう

折り紙でお金をかけなくても素敵なクリスマスツリーができ上ります。ツリーに折り紙のオーナメントを飾っても素敵ですよ。2018年のクリスマスツリーの飾りつけは、折り紙さえあれば、色々な飾り付けができます。

画用紙でツリーを作ってそれに穴をあけて飾りつけをしてもオシャレです。ただ、画用紙のクリスマスツリーは大きさが小さいので、机の上や棚の上において、イルミネーションライトをつければ、折り紙とは思えない輝きのあるクリスマスツリーができ上ります。

材料は、折り紙と画用紙、千枚通し、リボン、ぶら下げる紐、ボンドなどで、画用紙のツリーなら貼り付けてもOk。どんなツリーにでき上るかは、あなた次第。でき上ったツリーは記念に写真に収めるだけでなく、インスタグラムにアップして、ほかの人都も共有しましょう。ブログにアップしても後から記念として見返すことができます。

画用紙を使った立体ツリーづくり

テンプレートを使ってクリスマスツリーを2枚作り、それを画用紙にあてて切り抜く作り方です。一番大きな画用紙を使うと、小さなクリスマスツリー並みの大きさになります。100均でも場所によっては新聞紙を広げた大きさの画用紙が売っています。

テンプレートを使うと同じ枝ぶりになってシンメトリーですが、テンプレートを使わなくて自分で2枚の画用紙に好きなツリーの形を書いてカットしてもアンシンメトリーなツリーになってまた楽しいです。

準備するもの

一番大きな緑の画用紙2枚、画用紙と同じ大きさのテンプレート2枚(白画用紙1枚でもOK)

作り方

  1. 一番大きい画用紙の高さいっぱいになるツリーのテンプレートを作る
  2. 同じテンプレートを2枚作って緑の画用紙2枚に合わせる
  3. そのままテンプレートと一緒にツリーの形にカットする
  4. ツリーの長さを測る(それに5mm足した長さをメモする)
  5. 1枚目のツリーの中央に底から真ん中までの長さを鉛筆で下書きする
  6. 2枚目のツリーにはツリーの中央にてっぺんから真ん中まで鉛筆で下書きする
  7. 下書きした部分をカットする(1枚目は下から、2枚目は上から真ん中までカット)
  8. 2枚の切り込みに入れ込み十字になるように組み立てる

折り紙でできるオーナメント~サンタクロース

用意するもの

オレンジ色の折り紙、サインペン

作り方

  1. オレンジの面を上に置く
  2. 2辺を5mmほど折り込む
  3. 織り込んだ2辺の重なる頂点を下にして、それと対角の点を三角に折る
  4. 裏返して白い面をむけ、横にある頂点2点が重なるようにおる
  5. 曲ったとんがり帽子になるように、先の部分を斜め横へ折り曲げる
  6. 下の頂点の三角を上に折り曲げる
  7. 白い部分にサンタクロースの顔を描いて完成

折り紙でできるオーナメント~星

用意するもの

金や銀色の折り紙

折り方

  1. 金色の折り紙を半分に折る
  2. 四つ折りにして折り目をつけて開ける
  3. 開けた部分を折り目に合わせて三角に上から折って戻す
  4. 開けた部分を折り目に合わせて三角に下から折って戻す
  5. ×になる部分と左下が重なるように折る
  6. 次に上になっている角の部分を左へ折る
  7. 右の残っている部分を真ん中に合わせて折る
  8. 後ろ側に半分に折る
  9. 裏返して長い部分をハサミでカット
  10. カットした部分を広げると星型のオーナメントになる

折り紙でできるオーナメント~ベル

用意するもの

黄色い折り紙

折り方

  1. 折り紙を三角に半分に折り、折り目をつける
  2. 折り目の筋まで両側を折り込む
  3. 裏返して、下側の部分を同じように中央まで両側を折る
  4. 再度、裏返して、黄色くとがっている上の部分を白い部分から少し出る程度に折って上へ戻す
  5. 折り目を谷折りと山折りにして幅を付ける
  6. 下からてっぺんへ折り込む
  7. 上の白いとがった部分を下へ折る
  8. 上の黄色い三角の部分を小さく下に折る
  9. 中央の黄色い部分の折り目を広げ、三角に広げる
  10. 下の白い部分を少し折り曲げる
  11. 白い角の部分を少し折り曲げて思て向ければベルの完成

折り紙でできるオーナメント~リース

用意するもの

リースにしたい色

折り方

  1. 長方形に半分に折る
  2. 広げて白い方をみせ三角に折る
  3. 色のついた側を向けて1/4の正方形になるように谷にして折る
  4. 正方形の角を真ん中に向けて折り、三角になった部分も織り込みを入れ広げる(鶴を折る折り方)
  5. 広げて対角する2角が立つように折る
  6. たてた折り紙の間を割って小さいひし形に折る
  7. ひし形をさらに端を織り込む
  8. 四角い花弁のように折り上げたら中央に金色の折り紙をつける
  9. 四角い花弁を色違いで丸くなるまで作って貼り付けて完了

折り紙でできるオーナメント~雪の結晶

用意するもの

雪の結晶にしたい色の色紙、スティックのり、ハサミ

折り方

  1. 三角に半分に折り、さらに三角に折る
  2. ハサミで切り込みを3筋いれる
  3. 中央の角にのりをつけ、端と端をのりで合わせて丸くする
  4. 切り込みを入れた所を一筋飛ばして次のところの端と端にのりであわせて丸くする
  5. 飛ばした部分と一番外側の部分は、裏側で端と端をのりで合わせて丸くする
  6. それをいくつも作り、端と端をひとつずつつけて行くと丸くなり、綺麗な雪の結晶ができる

子供と一緒に壁ツリーに折り紙で飾りをつけよう

引用元:http://www.shumimomagazine.com/post-3652

マスキングテープを使えば、簡単に壁ツリーが作れてしまいます。自分好みのマスキングテープをツリーの形にして、そのい枝から折り紙オーナメントをぶら下げるだけ。子供と一緒に作る楽しみが味わえて出来上がったときには、子供ならではの発想と発見がみられるかもしれません。

用意するもの

マスキングテープ、折り紙のオーナメント

作り方

  1. マスキングテープでツリーを作る(ツリーの輪郭をマスキングテープで囲うこともできる)
  2. 折り紙のオーナメントをマスキングテープの枝から下がるようにつける

子供が楽しめるように、好きな飾りつけを貼りつけると楽しめます。マスキングテープで壁ツリー作りは、どんなツリーにも変化できるので色々なツリーを作れます。子供の分だけ、違う形のマスツリーを作ることも楽しいですね。

楽しい壁ツリーの数々

壁ツリーは場所を取らず、それでいて壁いっぱいの装飾ができるので、今人気のクリスマスツリーです。壁に直接はることに抵抗があるなら、模造紙を貼ってその上から飾りつけをしてもOkです。壁がキラキラして夜部屋に入ると、夜長の冬の一時をクリスマスムードに浸れます。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2144798221706231401/2144798735611573303

電飾をジグザグにツリー型にして明かりをつけただけでもツリーに見えますが、マスキングテープでツリー型にして、折り紙のオーナメントをかざった上に電飾をつけるともっときれいです。

引用元:https://roomclip.jp/photo/edzY

折り紙で輪を作って、それをツリーに見立てて飾りつけした子供たちと一緒に作れる折り紙のツリーです。雪の結晶やリースで飾りつけしたシンプルですが、洒落たクリスマスツリーです。

最後に

2018年のクリスマスは、子供と一緒に折り紙を使って作れるクリスマスツリーで楽しみませんか。折り紙で作るクリスマスツリーは、色々なデコレーションを、子供と一緒にこれを作ろう、あれを作ろうと楽しみながら作れます。一緒に作ってでき上がったクリスマスツリーは、子供が大きくなっても思い出に残り、後から見て懐かしいツリーとして記憶に残るでしょう。