ハロウィン2018年イベント さらに面白そうで楽しみです

2018年



ハロウィンのイベント!今年も待ち遠しいですね。

クルージングやそれぞれが楽しめるアニメなどのコスプレが出来るイベントで思いっきり、はっちゃけたくありませんか?

今年のハロウィンも様々なイベントが楽しませてくれそうです。

そこで、本日は、ハロウィンのイベント2018を紹介していきます。

今年のハロウィンはこれで楽しめる!秋もイベントをエンジョイしよう!

”渋ハロ”街にも人にも優しい配慮を

”若者の街”、渋谷・・・109やマルイなどファッションセンター街が今も世代を超えて多くの人に親しまれています。

そんな渋谷でもハロウィンイベントは盛んです。

渋谷ハロウィンは、2015年から、ただ楽しむだけでなく、ハロウィンイベントを楽しんだ翌日に、シブハロクリーンアッププロジェクトといって、ハロウィンを楽しんだ翌日は、公共道路であるスクランブル交差点など道を綺麗にすることを呼び掛けています。

協賛するお店の出口では、ごみ袋の配布をし、遊んだ後は散らかしたごみを片付ける・・・子どもの頃に誰もが大人から教わった基本を忘れないように注意発起があったおかげで、道路が見違えるように綺麗になったようです。

それだけでなく、渋谷のハロウィンイベントに協力しているナイトクラブでは、DJがゴミ拾いを呼び掛けるようなこともあります。

年配の方からすると、コスプレに身を包んだ参加者は、「今の若い子は」、「あんな恰好で電車とか乗るなんて恥ずかしい」などと眉をひそめられることもあるかもしれません。

しかし、渋谷ハロウィンの参加者は、奇抜な見た目でも、街のゴミ拾いをし、大人として最低限のモラルを心得て参加している人が多いのです。

”非現実的空間を楽しもう!”池袋ハロウィンコスプレフェスティバル

http://ikebukurocosplay.jp/

池袋のコスプレハロウィンフェスティバルは、賑やかでアニメ好きでなくても、映画の人物のコスプレなど、”ありのままの姿”を”魅せる”場です。

開催日 2018年10月27日・28日 10:00~18:00

私もこのイベントに参加した事があったのですが、好きな格好でもう一つの自分の顔を表現出来て、とても充実出来ましたね。

日本でハロウィンと言えば、大人も童心に還ったように普段の日常とは違う自分を経験出来るのがメリットです。

参加費用も1000円と格安で、税金が掛かりません。

また、専用の更衣室も充実していますので、好きなキャラクターに着替える為に念入りに準備できます。

ハロウィン当日の10月31日よりも早めの10月27、28の二日間に開催されます。

六本木ハロウィンは今年も盛り上がるけど参加者に配慮

http://www.6hallo.com/

六本木で開催される最も有名なハロウィンイベントです。

しかし、今年は台風や豪雨などの異常気象により、10月29日日曜日に別のハロウィンイベントを企画するようです。

詳細はまだ未定ですので、随時アップされることを期待しましょう。

去年はハロウィンジャンボ宝くじなど、目白押しの企画が多かったので、今年はどんなものになるか楽しみですね。

めざましテレビが企画?!TSPPOK

http://www.tokyohalloween.com/

めざまテレビがプレゼンターを務める入場無料のコスプレイベントです。

開催日 2018年10月20日(土)、21日(日) 10:00~19:00 ※予定

大人も子どもも参加者一体が楽しめる企画満載で、アーティストによるライブステージや、芸能人も変装して、参加者の中に混じっている事もあるのだとか。

事前にチケットの申し込みが必要なので、参加する際は気を付けてください。

ここでしか味わえないフードをフードコートで味わえるので、食欲の秋!という方も大満足できそうです。

親子で楽しめる!原宿ハローハロウィーンパンプキンパレード

http://omotesando.or.jp/halloween/?page_id=64

12歳以下のお子さんとその保護者対象のハロウィンイベントです。

開催日 2018年10月28日  11:00~17:00 ※パレード13:00~(雨天中止)

原宿、表参道を親子が練り歩く賑やかなイベントで、お子さんはお菓子やシルバニアファミリーで遊べるプレイコーナーがあるなど、子育て中の方がメインになります。

参加費用1000円税込みで雨天中止になりますので、参加する際は、参加証明書を公式サイトでダウンロードして印刷をするなどして下準備をお忘れなく。

今年もDJポリス出現予感?!新宿歌舞伎町ハロウィン

https://halloween-party.anyosio.jp/kabuhallo/

新宿最大の歌舞伎町のハロウィンイベントです。

2018年10月20日に開催!

新宿の居酒屋や、バー、カラオケと提携しているので、眠らない街のように1日楽しめちゃいます。

ゾンビや傷メイクをする仮装した参加者が多い事がSNSで有名です。
歌舞伎町1番街のお店情報をチェックしてみて下さい♪

女性の方は一人や集団でも身の危険に晒されないよう、深夜近くまでいないようにして遊ぶことをおすすめします。

”猫のコスプレオンリー?”神楽坂化け猫フェスティバル

https://yosioka.site/halloweenparty/

子ども無料、大人は500円の新宿神楽坂で行われるイベントです。

2018年は10月14日日曜日開催です。

猫のコスチューム限定のハロウィンイベントで、10時から13時50分の間に受付を済ませてから、14時から15時までミニパレードを楽しむようです。

お台場ハロウィンゴーストシップ2018東京湾船上ハロウィンパーティー

https://eventsearch.jp/

アニメの大型イベントで有名な、東京ビッグサイトの水上タクシー乗り場に集合したら、船内のクルーザーが設定した架空の物語の状況に乗っかって、ハロウィンパーティーを楽しみます。

音楽やフードなどここでしか経験出来ないハロウィン体験をしてみませんか?

ハロウィンイベント2018!参加する前にやってしまいがちな”あるある”

ハロウィンはイベントで最も盛り上がれますが、参加する際は、気持ちが”子どものまま”家路に帰らないようにしたいですね。

そこで、皆さん当たり前に分かっているけれど、ついやってしまいがちな行動や、”これくらいいいじゃん”という甘えをなくし、一人一人がハロウィンイベントを楽しめるようにする方法を取り上げます。

ごみを放置

イベント会場内の更衣室で着替えた後に、飲食物や、イベントに出掛けた際に買ったコスプレアイテムのゴミを放置する方もいます。

私が参加した事のあるハロウィンイベントでも、ペットボトルや缶ジュースなどのゴミや、小物のヘアアクセやアイプチなどが入っていたゴミが更衣室に放置されていました。

ゴミは最低限、公共のゴミ箱などに捨てるか、持ち帰って処分してほしい物です。

他の人のコスプレを批評する

私も乱視と、目のアレルギーがあってカラコンが付けられないのですが、それをキャラクターの目の色はカラーでないとハロウィンの仮装イベントで通りすがりに同じ参加者に囁かれました。

コスプレについては、髪質や皮膚アレルギーなど様々な事情があります。

ウィッグなどの製品が頭皮のアレルギーを引き起こしてしまう友人がいますが、その人もウィッグだけが付けられません。

どんな人にも、周りと同じようにキャラクターになりきったコスプレが出来るわけではないのを理解が深まれば良いなと思います。

肌の露出が目立つ衣装

そのキャラクターを意識して、全身、タイツのような素材で身を包む人がいます。

男性も女性も、”デリケートな部分”が見えそうな衣装は公然わいせつにもなり兼ねません。

また、最近、コスプレの衣装について、どこまで規制したらいいのか問題視されているようです。

アニメなどのキャラクターが水着の場合は、スカートや上着を着用、下半身が目立たないように腰巻をするなど、体のちょっとした”見える部分”を隠すのが大事です。

皆さんも、最低限のモラルを意識して、ハロウィンイベントを心置きなく満喫しましょう。

まとめ 大人ハロウィンだからこそみんなが楽しめる気遣いが大事

 

  1. ハロウィンイベントはみんなが盛り上がれる都内イベントが豊富
  2. 大人だからこそ、全体が楽しめるように小さな配慮を
  3. みんなが完璧なコスプレは出来ないと理解する
  4. 渋谷ハロウィンのように、遊んだらゴミを持ち帰るなど公共のマナーを意識
  5. 肌の露出がある衣装の場合は上着やスカートを着用