天神祭の交通規制は毎年変わるの?2019年の予想は?

交通規制
スポンサーリンク

日本三大祭りの一つである、大阪で行われる「天神祭」。

関西の方たちだけじゃなく、全国各地からたくさんの人々が訪れるため、会場周辺は交通規制される場所も・・!

今回は、天神祭の交通規制についてご紹介させて頂きたいと思います♪

スポンサーリンク

2019年、天神祭の交通規制はどうなる?

引用:https://flyfsa.com/post_4291

毎年7月24日、25日に、大阪で開催される超大型のお祭りである天神祭♪

このお祭りがやってくると、関西地方の人たちは「これから夏が始まる」と感じるそうです☆

そんな一大イベントである天神祭の時は、周辺施設が多くの人で溢れかえってしまうんですね。

もちろん、道路にも規制がかかったり通行止めになってしまう場所もあるようです。

今回初めて天神祭に行くという方たちは、どのように交通規制がかかるのかなどが分からないという方がほとんどだと思います。

そこで、スムーズに会場に向かうために、道路規制や通行止めになっている場所をチェックしていきましょう。

どのあたりに規制がかかるの?

2019に行われる天神祭の交通規制に関しては、今の時点ではまだ公開されていません。

なので、過去の情報を参考にしてみていきましょう!

天神祭は、大阪天満宮周辺・御堂筋から片町の方まで使って開催されています。

この辺りはかなり大規模な交通規制がかかっていたようなので、ここを車で通る予定の方は要注意!

そして、場所によっては歩行者や自転車も通行止めになっている場合があるので、ここもまた注意が必要ですね。

規制の仕方も色々で、道路を全面的に規制しているというところと、片側だけ規制がかかっている場合とあるので、よく分からない場合は付近にいる警備員または警察官に確認してみて下さいね!

スポンサーリンク

交通規制の日程は?

引用:https://jinchan2016.net/4731.html/

交通規制がかかる大体の場所は分かりましたが、もう一つ気になるのがいつからいつまで規制されるのか・・という事ですよね。

この交通規制の日程に関しても、まだ正式に発表されていないので、過去の情報を参考にしていきましょう。

時間はエリアによって違う!

大阪天満宮の周辺では、7月24日、25日の13時から23時頃まで道路に規制がかかります。

ここは天神祭のメインの場所となるので、規制される時間が長めに設定されているようですね。

そして、大阪天満宮より西から御堂筋までは7月25日のみで、15時半から19時までとなっています。

大阪天満宮より東から桜宮橋までの間も7月25日のみ、15時半から23時までです。

桜宮橋から片町周辺までの間も7月25日のみ、18時から23時頃までとなっていますよ!

過去の情報を見ると、交通規制がかかるのはこのような感じになっているのですが、規制がかかっていない時こそ大混雑することも予想されます。

7月24日は宵宮・7月25日は本宮で天神祭花火大会も予定されています。

規制がかかっていない7月24日や、ご紹介した以外の場所でも、車やたくさんの人で混雑することはありますので、現地まで向かうルートをよく確認してからお出掛けしてみて下さいね!

そして、道路だけじゃなく、公共の交通機関もかなり混雑することが予想されます。

お祭りが始まるギリギリに到着しようとすると、その混雑に巻き込まれてしまうことになるので、スムーズに現地にたどり着くためには早めに行動することが大切!

出発時間、到着時間などをしっかり調べておくと、無理なく現地に向かう事ができるでしょう☆

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

引用:https://twitter.com/AI_wild_duck

今回は、天神祭の交通規制の情報についてご紹介させて頂きました♪

2019年に行われる天神祭に向けての交通規制に関しては、まだ現在のところ詳しい情報は公開されていません。

今年こそは天神祭に行ってみよう!と思っている方は、規制のかかる場所や時間帯を、もう一度よく確認して見ることをおすすめします。

例年通りではないという場合もあるかもしれませんので、その辺りもご注意下さいね!

日本三大祭りの一つである天神祭、ぜひ皆さんも足を運んでみて下さい♪