入園祝いの金額相場と喜ばれるプレゼント

入園式
スポンサーリンク

「御入園おめでとうございます」この言葉を聞くだけで、ご家族の喜びはどれだけのものか考えると、なんだかこちらまで嬉しくなります。ところで、「入園する」と聞いて入園式のお祝いはどうしようか迷っている人も毎年のように多くいらっしゃいます。知り合いの子どもさんが入園することは、すくすくと成長した証でもあるため「喜んでいただける入園祝い」を真剣に考えているからこそ悩むわけですよね。

そこで今日は、入園のお祝いに関して色々な角度から見ていきます。また、入園のお祝いの相場やお返しなど、ひとくちに「入園」と言っても立場が違えば悩むことだって異なりますよね。今回は、入園祝いの意味も一緒に考えていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

入園祝いの相場

入園式のお祝いの相場は、考えている人にとって最も気になるところです。入園祝いのお祝いは、お祝いをする人と受け取る側との人間関係や、入園祝いを差し上げる人の年齢によっても若干の差はあるのが一般的です。

  • お孫さんへ贈る場合 ➡ 10,000円程度
  • 兄弟姉妹の子どもさんへ贈る場合 ➡ 3,000~5,000円程度

入園する子供のご両親(パパやママ)との「お付き合いの距離感」でも金額が配慮されていることが分かります。しかし、本来であれば入園式のお祝いは、絶対にしなければならないというわけではありません。ただ、「入園のお祝い」をする意味としては、入園する子供の成長を祝うことが主な目的となるので親戚や親のきょうだい等から「内祝い」として贈られることが多いようです。

また、知人や友人などが贈る場合には、上記を目安として検討すると良いでしょう。もちろん地域によっても異なる場合がありますが、基本的には上記の相場に基づくことが多いようです。結婚式のように入園祝いにも相場はあったのですね。

入園祝いを贈る時期

身内はもちろんですが、お世話になった人や親しい友人などの子どもさんが「この春には入園する」と分かった場合、相場の次に気になるのが入園祝いを贈る時期ではないでしょうか。一般的には下記の時期と考えられています。

  • 入園祝いを贈る時期 ➡ 入園式の2~3週間前まで
  • 贈る時期のポイント ➡ 入園準備に充ててもらうことが出来るから

入園祝いを贈ることが決まっている時には、相手の子どもさんの入園が決まった時点で出来るだけ早く贈るようにします。入園の準備にもお金が掛かったりしますので、準備が終わってしまうより早く贈ってあげる方が、戴く側としては助かりますよね。少なくとも、入園式の2~3週間前までには贈るようにします。

もしも遅れてしまったけど入園のお祝いをしてあげたいと思った場合は、遅れてしまったけど入園のお祝いをしたかった…という素直な気持ちを簡単にお伝えして「入園おめでとう」とお渡ししても失礼にはあたらないので安心してください。軽くメッセージカードやお手紙を添えても良いでしょう。お祝いは、「おめでとう」の気持ちを贈ることですからね。

一貫教育などを行う幼稚園などへのお祝い

一般的な入園祝いの時期が決まっているからといって、これが全ての人に当てはまるわけではありません。例えば、お受験した幼稚園児に対する入園祝いの時期は、一般的な入園祝いとは時期が異なる場合もあります。

私立大学などの付属幼稚園では、お受験のあと合格発表があるまでは控えておきましょう。合否の結果が分からない時期では、早くお祝いをしたために逆に失礼になってしまうような残念な場合も考えられるからです。また、有名私立幼稚園などでは、合格発表が前年度の秋口に行われる場合も増えていることも時期が異なる理由の1つです。

なぜなら、合格発表の結果が分かった時点で「合格祝い」として、ひと足早い入園祝いを贈るのも気が利いていて素敵ですし、相手の家族の喜びに共感して差し上げるのもお祝いとなるからです。私立の小学校や幼稚園などをご両親が希望していた場合、入園試験をお受験したご家庭では「合格」出来た時の喜びもひとしおでしょう。このように入園祝いの時期や熨斗の表書きにこだわる必要はない場合もあるのですね。ちなみに入園する子どもさんへ「よくばんばったね」「合格おめでとう」などの言葉を掛けてあげるのも忘れないであげてください。

友人・知人の子どもへの入園祝い

冒頭でも少し触れましたが、「子どもの成長を身内で祝う」という考えに基づいているため、友人や知人が気を遣って無理に入園祝いをする必要はないでしょう。だけど、とても仲が良かったり、お世話になっている等の理由から「お祝いをして差し上げたい」気持ちがある場合には、お祝いをしても全く差支えはありませんのでしっかり祝福してあげてください。

また、もし友人や知人にお祝いをするとしたら、お金ではなく品物でプレゼントするのも1つの方法です。そのときの使う金額の目安ですが、自分で買えないわけではないけど「もらうと嬉しい」程度のものを選ぶと相手にも負担とならないのでお勧めです。多くても相手に気を遣わせてしまう高額なものは避けておく方が良いでしょう。

人気の高い入園祝い

入園祝いの贈り物は、ママに直接聞いてみるのも良いかもしれません。誰かとお祝いがかぶるよりは、必要なものを戴く方がもらう人にとっても、贈る人にとっても嬉しいものです。これからの成長に役立つものを考えていくと必要なものが見えてくることも多いのですが、新米ママには分からないことも多いですよね。そこで次のものを目安として考えてみるのも良いでしょう。

  • 商品券
  • 図書券
  • 文具券
  • 靴…etc.

金券類は、ママや子どもが必要なものを自分で選べるため利用しやすいです。mama’sも経験がありますが、「気持ちは嬉しいけど好きなデザインではない」など、使いづらい品物をもらうと困ってしまう場合があります。そういったことを避けるためにも、ママの気持ちを聞いておくと失敗しなくて済むのですね。

入園する「園」によっても異なる?!

お祝の品としては机や文房具の金券類は、小学校の入学祝に使われることが多いです。しかし、入園するのが教育施設である幼稚園の場合は文房具でも喜ばれることも多いようです。また、入園するのが保育園の場合には、タオルやコップなど生活に関わるものが重宝しそうです。好きなキャラクターのTシャツや靴なども「いくつあっても嬉しい」という意味では喜ばれるお祝いの品ですね。変わったところでは、傘や長靴など実用品を渡す人もいるようです。

水引きの起源と日本人らしさ

入園のお祝いにお金を包む場合には、封筒や水引きなどの熨斗に気を付ける必要があります。のし袋は結婚式やお葬式でも見たことがあると思いますが、意味を知らないと、とんでもない失礼になってしまう場合があるのです。ここでは、熨斗の書き方から熨斗の意味まで色々な角度からご紹介していきます。

お祝いと熨斗(のし)の書き方

熨斗の書き方は、主に次のような言葉を使うことが多いようです。

  • 入園御祝
  • 祝御入園
  • 御入園御祝
  • 御祝

など漢字を使うことも多いですが、お祝いされるのは子どもだということもあり、ひらがなを使った文字を使っても良いですね。

  • 入園おめでとう
  • お祝い
  • ごにゅうえん おめでとう…etc.

受け取る側とお祝いを差し上げる人との関係性にもよりますが、個人的には過去の経験で「およろこび」とひらがなでお祝を戴いたことがあり何だかとても温かい気持ちになったのを覚えています。この言葉は今でも大好きで親しい友人の子どもさんにお祝い事があった場合には使わせて頂いています。

嬉しい気持ちや「おめでとう」の気持ちが伝わることが最も大切なのではないでしょうか。ただし、仕事でのお付き合いや目上の人に対しては、やはり謹んで熨斗をお書きした方が間違いと思います。では、熨斗の水引きにはどのような意味があるのか見ていきましょう。

熨斗(のし)の選び方と意味

熨斗の水引きには色々な形や色があります。水引きは、古くは室町時代(1336年~1573年頃)ともいわれる昔に、中国からの輸入品は「すべての箱の縄が赤と白で縛り付けられていた」ことから始まっているようです。つまり、中国側が輸出用の品物とそれ以外の物を区別するために使用していたのが始まりだったのですね。

ところが日本では、赤と白の縄のことを「贈答に使用する習慣」だと誤解したために、それからは贈答用の品物に「赤と白のひもをかけるようになった」というのが真相のようなんです。それが水引きの起源となったとはいえ、日本人らしく「相手を思いやる意味」を水引きに表したところがステキですね。

結び切り

こちらは中央で固く結ばれており、一度結ぶとほどくことが困難な結び方になっています。これは「一度で終わる」「繰り返さないように」「二度とあってほしくない」という意味があるので「結婚式」や「快気祝い」に使われることが多いのですね。また、意味から分かるように、水引きを黒白にして、お悔やみにも使われます。

あわじ結び(あわび結び)

慶事や弔事どちらにも使われます。これも先ほどご紹介した「結びきり」と同じように、ほどくことが困難な結び方となっています。つまり、両端を持って引っ張ると、さらに強く結び目が固くなることから「末永く」という意味が込められているのです。また、これは結びきりの一種であることから「二度とあってほしくない」という意味がある事柄に使われるものです。

蝶結び(花結び・リボン結び)

こちらの結び方は何回でも結びなおすことができるため「何回あっても嬉しいできごと」という意味です。つまり、出産や進学など、一度きりを願う結婚以外のお祝いには最適な水引きとなるのです。最もよく見かける水引きでもあり、先ほどの画像の水引きも蝶結びの柄となっています。

このように色や結び方を組み合わせて、意味を込めることが多いので知っておくと、この先大切なお付き合いをしていくうえで役に立つことが多くなりそうですね。こうして水引きを見るだけでも分かるように、日本は細かい配慮に基づいた優しい文化を持っていることが分かります。

紅白と赤白の違い

ところで同じ赤と白の水引きでも呼び方や意味が全く異なるものがあるのですが、みなさんはご存知でしょうか。

  • 紅白(こうはく)の水引き ➡ 皇室でのお祝い事に用いられるもの(一般的な国民が見ることはない)
  • 赤白(あかしろ)の水引き ➡ 一般的な国民がお祝いとして用いるもの

ちなみに「紅白の水引き」と呼ぶ人を見かけることがありますが、正式には「赤白の水引き」と呼ぶのが正解なんですね。紅白の水引の場合に表現されている「紅白」は、実は皇室のお祝い事のみに用いられるものであり一般的には目にすることはないのです。水引きの呼び方には、とっても深い意味が含まれているのですね。

お祝いのマナーと考え方

入園祝いの考え方としては、赤ちゃんが生まれた時の「出産祝い」に始まって、「こんなに元気に大きくなったんだね、おめでとう」の意味が含まれています。戦前戦後では、栄養が足りなかったり、今では当たり前に治療が出来る病気でも命を落としてしまう子どもは多かったようです。亡くなった祖母にも、「お薬がなくて高熱が下がらずに我が子をたった3歳で命を落とした」という話を聞いたことがあります。

実は現在でも世界中の国を見ていくと、戦争や貧困で「食事や医療」を受けられずに3歳未満で命を失う子どもは数えきれないほど多くいます。そう考えると子供が大きく育ってくれたというのは「みんなのお蔭なんだな」と、改めて感謝をする日が入園祝いともいえそうです。

また、入園できることは、社会性を身に付け義務教育を受けるための土台を築くところまで成長できたお祝いでもあります。そういった意味から、たくさんの他人にお祝いをもらうというより、親族の中で「内祝い」としてお祝いするのが主となっています。お祝いは、どんな物でも共通して言えますが、相手の負担になるものは避けておく方が無難でしょう。やはり相手を思う気持ちが一番ですね。

目に見えないお祝いの方法もステキ!

お祝だからと「ご祝儀」ばかりを考える必要はありませんから、臨機応変にお祝いの仕方を考えてみましょう。例えば、お食事券とか動物園の入園券といった直接は、子供にとっても目に触れないお祝いも喜んでもらえそうです。そうすることで、ご家族で入園式の後に軽く食事をしてもらうのも良いし、休日にお出かけする時に利用できるため、家族で使えるチケットをお渡しするのも素敵です。

変わったところでは、何度も使える交通系の回数券なども便利です。こうしたお祝が届いたら、交通ルールを学ぶ機会になったり、1人でバスに乗る練習も出来ます。また、相手との関係性にもよりますが、家族写真を撮る写真館や入園式で髪をセットする美容院などで利用できるサービスチケットなども気が利いていて喜ばれることが多いですね。

スポンサーリンク

入園祝いのお返し

引用:https://www.instagram.com/p/BhTkwH5hngn/?saved-by=samorodok__ 

こちらは、aiさんが娘さんの入園祝いに作ったイチゴのモンブランケーキです。あることで泣いてしまった子どもさんの機嫌を直してもらうためにaiさんが改めて作った入園祝いのモンブランケーキには愛情がこちらにも伝わってきますね。このように我が子のために優しいママが作ってあげたお祝いケーキや、お祝いの気持ちがインスタにはたくさん並んでいます。

これを見ても分かるように、やっぱり入園のお祝いは「誰がどんな思いでお祝いするか」がとても大切なんですよね。そう思うと必ずしも既製の品物だけがお祝いではないことが分かります。

また、結婚式でもそうですが、お祝い事のお返しにはしあわせな気持を与えてくれる「甘いもの」をお配りすることが多いです。ママの手作りケーキで我が子の入園のお祝いをしたり、立場が変われば友人の子どもさんに自分が手作りのお菓子を焼いてプレゼントするのも素敵です。手作りの品物は、何気なく気が利いていて、相手に気を遣わせないスマートなお祝いとなりますので作るのが好きな人は検討してみるのも良いでしょう。

楽しい入園祝いとお返し

入園祝いのお返しや家族でお祝いする場面では、他人のように気を遣わないメリットがあるので面白い企画をしても良いですね。こうした場合には、入園のお祝いもお返しも同時に出来る方法を取ることも出来ます。例えば、次のような楽しい方法を見てみましょう。

  • クッキーを焼いて好きなキャラクターの袋に入れる
  • ケーキに可愛いデザインを施す
  • 大好物の夕飯のメニューを複数作る(量を少なく)
  • ケーキのメッセージには「ひらがな」でお祝を書く
  • 通園バッグにおてがみを入れておく…etc.

2歳児以下の子どもだと難しい場合もありますが、幼稚園くらいの年齢になると「ひらがな」が分かる子供もみられます。そうした子どもには、家族や親しい人たちで「おてがみ」を書いてあげたり、入園後に使うアイテムの中に好きなお菓子を入れたりと、ママのアイディア次第では楽しい思い出となりそうです。

入園のお祝いのお返しは必要なの?

引用:https://www.pinterest.jp/pin/771945192351078271/

お祝は、手作りなど心のこもった贈り物を考えていきます。では、お返しをする場合はどうなるのでしょうか。お祝いと同じように、お祝い返しをする場合も手作りのお菓子など「消えてなくなる」ものが負担にならずに良さそうです。なぜならば、基本的にお祝いは入園する子供がもらうものとなるからです。子供がお祝いをもらうからといって、まだ社会に出て働いていない子供がお祝い返しをすることは出来ないですよね。そのため入園祝いは、お返しをしないというのが一般的な考え方になります。

しかし、お祝を戴いた側としては、「もらいっぱなし」というのも気が引けることも多く、何らかのお祝い返しをしたいと思う人が多いようです。そこで入園祝いのお返しは次のことを目安にしてみてくださいね。

  • 戴いた金額 30%~50%以内
  • お祝い返し ➡ お菓子、お茶、紅茶セット、ジュースなど(消えてなくなるもの)

もちろん入園のお祝いは、地域性や普段からの関係性、また贈る側の年齢などによっても変わってくるので、お祝のお返しについても上記の目安を元にそれぞれ考えていく必要があります。また、お祝をしてくださった人にとって、あまりにも高額なお祝い返しになってしまうと返って気を遣わせてしまうことになるため、そこは十分な配慮をするように心がけましょう。

入園祝いのお返しを贈る時期

入園祝いをもらったら、お返しをする時期に悩む人も多いことでしょう。忘れないうちにと言って、お祝を戴いて「すぐにお祝い返しをする」のは良くないようです。目安としては、「入園祝いを戴いてから約1ヶ月くらい」というのが理想です。しかし、お祝い返しよりも先に大切なことがあります。

それは「入園祝いを相手が喜んだのかどうか」を気にしている人も多いことを考慮して「ありがとう」の気持ちが伝わる工夫をすることなんですね。

  • 電話などで、子ども本人が「ありがとう」とお礼を言う
  • 子どもが書いた絵などで「ありがとう」を伝える
  • 親がお手紙を代わりに書いたり子どもの様子を知らせる…etc.

電話で声を聞かせたり、お礼状を贈ることは相手にとっても嬉しいことです。入園祝いをもらったら出来るだけ早くお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

色々な入園のお祝い

引用:https://www.pinterest.jp/pin/808185095601141317/

ミッフィーの椅子は、パパやママが家具作家になれそうな組み立てキットです。入園のお祝いとして手作りの椅子をプレゼントするなんて素敵ですよね。子供は自分の親が作ってくれたものを大切にします。それは自分を愛してくれる人が作ってくれたことを本能的に理解できるからなのかもしれません。どちらにしても、物を大切に使う習慣は幼い頃から身に付けさせてあげたいことですね。

  • 園から帰った時の帽子掛け(ポールに好きなキャラクターを付ける)
  • おもちゃ箱を作る
  • 牛乳パックでお友達と遊ぶときのイスを作る
  • 通園バッグ(お着替えバッグ)を縫ってあげる…etc.

ちょっとしたことでも大丈夫です。子供にとっては、この「ちょっとひと工夫」がお友達とは違う「自分だけのものなんだ」という実感が持てるでしょう。また、イスに一緒にペンキを塗るなどの思い出を含ませるのも物を大切になることへ繋がっていくのでお勧めです。

ママからの実用的なプレゼント

ママが実用的な贈り物をするには、通園バッグとして使う袋類が身近で手早く仕上げられるものですね。性別や入園の年齢によって、色や布の素材を選んだり、子供と一緒に好きな布を選んだりして材料選びの段階から、入園の自覚やお祝いの気持ちを育てていきます。

また、お裁縫が苦手なママのために手作りキットも販売されているので、手芸店を訪れたり、ネットで手芸店を検索して調べても良いかもしれません。この方法だとお仕事で忙しく時間が取れないママにとっても助かりますね。

最近では、ママの代わりに裁縫をしてくれるというサービスまで登場しています。特に幼稚園では母親の手作りを求める傾向もあり、悩んでいるママにとっては救世主となりそうですね。

  • 仕事を持っている
  • 両親の介護をしている
  • 幼い赤ちゃんがいて睡眠不足
  • 夫のサポート
  • 家族のお洗濯、炊事、食事作り

このようにママはフル回転であることが多いものです。そのうえ、今度は園の要求に応えていく必要が出てきたり、園の行事に参加する時間の確保など、ママにとっては「入園」が嬉しい反面、負担が増える可能性も否定できないのです。

手作りは、その意味からも大切なことなので園側の「手作り」を求める主張や意味も理解できますが、限られた時間で働きづめのママにとっては泣きたい気持ちになることもあるでしょう。そうした場合には、無理をして病気になってしまったり、笑顔が消えてしまうよりは、使えるサービスを使って、晴れやかに入園式を迎えて欲しいものです。

家族で成長を祝う

入園する子供はもちろんですが、入園をすることで2019年は家族にとって大きな節目となる意味も生まれます。スマホなどの普及により、紙の写真を見る機会が減ってきましたが、こうした節目には(節目じゃなくても…)家族写真を撮ってはいかがでしょうか。

今日は忙しいから「また今度ね」と言っている間に、子供は大きくなってしまうもので、あの時の顔、あの時の表情というのは二度と見ることが出来ないものになります。もちろん動画では再生が可能ですが、目に映る動画より、自分の思い出と語り合いながら眺める写真も良いものです。本でも写真でも、紙を持つ、見るという機会も持つと人生がもっと味わい深いものになるような気がしますね。

入園祝いの形

核家族化が進んで兄弟姉妹も少ないため、入園祝いをもらえない人もいるかもしれません。他人の話を聞いてしまうと「家には関係ない話だな」と、ちょっと寂しい気持ちになることがあるでしょう。しかし、良い意味では高齢化が進んでいるため、おばあちゃんはもちろん、ひいおばあちゃんが元気なうちにまで、入園の報告を出来る時代でもありますね。また、品物やご祝儀を贈り合うだけが入園祝いではないことを考えると、春休みやGWなどに入園の報告へ実家に行ったり、一緒にお食事会をするという方法もあります。

何らかの理由で実家へ行かない場合やご両親を早く亡くされている等、自分たち家族だけの場合だと、ちょっとリッチなお食事をしてみたり家族旅行へ行く計画を立てても楽しいですね。

スポンサーリンク

最後にmama’sからママへのメッセージ

今日は、入園祝いについて相場やお返しを中心にお金に関わることを見ていきました。入園式が近づくと、いつ、どれくらいのお祝いをすればいいのか悩む人が多いのですが、今回は具体例を見ていきながらマナーや気持ちの問題についてもお話をしていきました。

mama’sの話になり恐縮なのですが、実は幼少期の頃から、誰かが入卒園、入学、卒業という時期になると家族旅行に連れて行ってくれた思い出があります。今思うと、両親が子どもの成長を祝って記念に計画してくれた「入園祝い」のイベントと同じ意味があったのかもしれません。

そのため、例えば長崎へ旅行に行ったときは姉が卒業だったな等と、家族の成長と旅行が連動しているのですよね。これが近隣の公園でピクニックでも、やはり思い出が出来たのではないかと思います。その時は、何のお祝だったのか「写真を見ると思い出す」こともあり、やはりお祝いは大人になった今でも、写真を見ると感謝の気持ちがあふれてきます。

つまり、家族や親しい人からの入園のお祝いは、思い出と一緒に「永遠に残る」場合があるということです。これは入園祝いをした側も、入園祝いをしてもらう側にとっても、温かくて嬉しいことになるのですね。

お祝いされた子どもだけでなく、兄弟姉妹がいる場合には「家族みんなで成長記録になる」ことが大人になって初めて分かることもあるので、出来るだけ家族でのお祝は大切にしましょう。入園祝いを差し上げる人の心もしっかりと届く春になりますように。