節分の由来 高齢者が「おそば」を食べる理由2019

由来

節分で高齢の方が何故、お蕎麦を食べるのか知りたいですよね。

一部の地域には、節分蕎麦っていうのがあるんですよ。

節分蕎麦と高齢者の関連性って気になりますよね。

そこで、節分の由来と共に、高齢者がお蕎麦を食べる理由について紹介します。



①豆まきだけじゃない!節分では蕎麦を食べるんです!

節分には蕎麦を食べる風習があります。

節分会お蕎麦ってあまり聞いたことないですよね。

節分蕎麦というのが地方によってはあるんです。

かつては、古くから節分には蕎麦を食べるのが風習でした。

江戸時代後期の資料で節分蕎麦を食べる事実が残されています。

今では、豆や恵方巻などが節分を代表する食べ物の主流となっていて、そばを食べるという方はあまりいないかと思います。

しかし、出雲地方(島根県)、信州地方(長野県)では今でも節分蕎麦を食べる風習が受け継がれているそうです。

節分蕎麦は元々は年越し蕎麦でした。

節分蕎麦の由来は年越し蕎麦にあったのです。

そもそも、節分は季節の変わり目を意味しますね。

四季がある日本では、立春、立夏、立秋、立冬の4回の節目があり、その昔にあたるそれぞれの前日が節分と呼ばれていました。

特に、立春の前日は代官の最終日、冬から春へ季節が変わる節目でもあります。

そのため、江戸時代の頃にはこの節分を年が改まる日だと考えられていました。

そして、この日に食べられていた蕎麦が、「年越し蕎麦」と言われていました。

現代では、歴月が使われるようになり、12月31日の大みそかが1年の節目というのが一般的なので、年末に食べる蕎麦を「年越し蕎麦」、節分に食べる蕎麦を「節分そば」と分けるようになりました。

節分が年越しにあたるもう一つの理由として、旧暦では二十四節気というものがあります。

二十四季節とは、節分を基準に1年を24節に区切って、約15日枚に分けた季節を意味します。

二十四季節の新年は、立春の前日にあたる節分です。

よって、昔の人は節分=年越しなので、節分に食べる蕎麦を年越し蕎麦と呼んでいた時期があったということです。

江戸時代では月の終わりには蕎麦を食べる習慣があり、商家では月末や集金や棚卸しで多忙だったこともあり、使用人をねぎらう為に、蕎麦の出前を取っていたので、晦日蕎麦とも言われていました。

明治以降は月末を晦日という呼び方をしなくなったので、12月31日だけが大晦日として残りました。

②節分蕎麦の意味を知りたい!

https://good-wisdom.com/setsubun-soba-region

節分蕎麦には以下の意味が込められています。

  1. 細く長く生きたいという願いを込めて(人生を蕎麦に例えて、細く長く生きたいという願いを込めて食べた)
  2. 逆境に強く生きたいという願いを込めて(痩せた土地でも逞しく育つ蕎麦のように逆境に強くなれるようにする)
  3. 裕福な商人が貧困で苦悩している人達に蕎麦団子を振舞った翌年、以降、運気が良くなった)
  4. 厄を断ち切る意味を込めて(蕎麦はうどんと比べて切れやすいことから、厄を断ち切る為に食べた)
  5. 節分蕎麦で安定した収入を得られる・暮らしのための稼ぎが継続するように(蕎麦は逆境に強い植物なので、収穫が安定しています)
  6. 体内を清潔にする(人見必大によって、江戸時代に書かれた書物、「本朝食鑑」に「気を流し腸を緩くし、胃腸によく効く」とあることから、蕎麦は体内を綺麗にするものだとされている効能性が期待されます

節分蕎麦は邪気払いに効果があるといわれています。

前述したように、切れやすいことか災いを切り捨てられることが期待されています。

また、三角形が古来より邪気を払う力があるのではという言い伝えから、三角になっている蕎麦の実にもその力があるのではないかという諸説もあるんですよ。

だからこそ、高齢者は節分に、長生きに加え、人生経験を重ねてきたからこそ、逆境に心も体も強くなれるように食べたのですね。

また、毎日を生きるにあたって、厄払いが出来るようにという願いも込められているのではないでしょうか。

節分蕎麦はどんな蕎麦?具材など知って食べてみたい

節分蕎麦って一般的に使われている具材は以下の通りになります。

  1. 長ネギ
  2. しいたけ
  3. 豚肉
  4. かまぼこ
  5. 菜の花

代表的な具はこれらですが、節分蕎麦で検索すると、作る人によって具が様々であることがわかりました。

海老の天婦羅や油揚げ、マッシュルームを使う人もいます。

余談ですが、蕎麦で有名な戸隠地域では、無病息災を願って、とろろを食べる習慣があります。

節分蕎麦には、とろろを加えることもおすすめですね。

また、関西では、ニシンを蕎麦に入れるのが一般的です。

ニシンは、二親とも読めるので、大木うの子どもが生まれるという縁起担ぎとして食べられていました。

③節分蕎麦ってとっても健康的!高齢者が食べることにメリット!

節分蕎麦や年越し蕎麦は健康に良いといわれています。

蕎麦にはポリフェノールの一種、ルチンが含まれています。

ルチンには毛細血管壁を強くして糖尿病や動脈硬化、心臓病などの生活習慣病を予防する効果が高いのです。

ですから、長寿を願って食べられるのに相応しい食品なので、高齢者が食べるのに積極的になれると思います。

蕎麦には、疲労回復効果にも効果的だといわれています。

疲労効果を発揮するビタミンB1がそば粉100グラムで、成人1日当たりの必要量の約4割も含まれているんです。

蕎麦は、脂質代謝促進効果があり、ビタミンB2とナイアシンも含まれているので、脂肪がつきにくく、太りにくいことも高齢者の女性には嬉しい朗報ですよね。

更に、そば粉はでんぷんでありながら、血糖値が上がりにくいので、ダイエットにも向いています。

御通じにも効果があるので、胃腸が弱かったり、腸閉塞などの持病、手術歴がある高齢者にとっても健康維持の為に役立ちます。

不溶性の食物繊維が含まれていますので、胃や腸で水分を吸収して膨らみ、腸の蠕動運動を活発にして便通を促してくれますよ。

便秘解消にも高い効果が期待されるので、お腹が弱い体質の高齢者の方は、節分にお蕎麦を食べるのも長寿の秘訣に繋がる近道ですね。

④肝臓の働きをサポートしてくれる!

 

蕎麦に含まれるコリン、ナイアシンには、脂肪肝を防ぐ効果があるほか、アルコールの分解を促進する働きがあります。

コリンやナイアシン、ビタミンB1は、水溶性であることから、蕎麦湯に多く溶け込みやすくなっています。

ですから、肝機能が気になる高齢者の方は、節分に蕎麦を食べた後、蕎麦湯を飲むことがおすすめです。

脳梗塞や体調維持・たんぱく質が健康維持に効果的なのです

https://hontoniyakudatsu-otakara.club/

蕎麦には体調を維持したり、筋肉を作るたんぱく質が含まれています。

蕎麦に含まれている豊富で良質なたんぱく質が、栄養バランスや、アミノ酸の種類がふんだんに揃っているのが特徴です。

肉食ではないたんぱく質は、コレステロールの心配をすることもありません。

その他にも、体内の余分な塩分の排出を促すカリウム、体やメンタルの健康に効果的なビタミンB群が、高齢者の健康に高い効果が期待されますね。

まとめ 高齢者が節分の日にお蕎麦を食べることは長寿と健康双方に最適です!

 

  1. 節分蕎麦は江戸時代から親しまれ、信州地方や出雲地方でも食べる風習が多いので、高齢者の健康に効果的です
  2. 節分の日に高齢者が蕎麦を食べるということは、蕎麦に含まれたビタミンBや、たんぱく質、ルチン、ポリフェノールが体と心の栄養バランスや腸の働き、肝臓の働きを良くしていけるメリットに繋がります
  3. 節分の日に食べる、「節分蕎麦」には、邪気を払う、メンタルを強くして逆境に負けずに生きる、体内を清潔にする、蕎麦のように細く長生きする、運気アップ、経済的に生活が安定するように促進してくれます