七夕飾りの意味や願いといえば?短冊の色にも深ーい意味があるんです!

七夕
スポンサーリンク

七夕には飾りをしますよね。

短冊なら、みんな一度はお願いごとを書いて吊るしたことがあるという人が大半じゃないでしょうか。

短冊以外にもいろいろ飾るものがありますね。

そんな七夕の飾りの意味をみなさんは考えたことがありますか?

今回は七夕の飾りの意味を、なるべくお子さまにもわかりやすくご紹介します!

ぜひ親子で読んでいただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

七夕について・どうやって生まれたの?

七夕かざりの前に、七夕についてや七夕が生まれた理由について少しおはなしします。

七夕について

七夕は、昔から行われている日本のおまつり行事です。

たなばた」の他に、「しちせき」とも読みます。

たいせつな節句である五節句のひとつになります。

そもそも節句ってなに?と思う人もいるかもしれません。

節句とは、季節の変わり目などを祝う日のことです。

五節句は、人日(じんじつ)(1月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(たなばた)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)になります。

七夕という行事がなぜ生まれたのか。

  1. 棚機(たなばた)
  2. おりひめとひこぼしの伝説
  3. 乞巧奠(きこうでん)

の3つの行事があわさってできたものだと言われています。

棚機(たなばた)

棚機(たなばた)とは、織物(おりもの)を織る機械です。

昔、織物を織る棚機女(たなばたつめ)と呼ばれる女性が、神様をむかえるために着物を織って棚におそなえし、秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらっていたようです。

おりひめとひこぼしの伝説

七夕は「おりひめとひこぼしが1年に1回だけ会える日」というお話は聞いたことがあるんじゃないかなと思います。

「雨が降ったら2人は会えない」と聞いたかもしれませんが、「雨でも2人は会える」「雨はおりひめのうれし涙だから、雨が降ったらけがれが洗われる」など、いろんな説があるみたいですよ。

乞巧奠(きこうでん)

乞巧奠とは、中国の7月7日の行事です。

おりひめ星(織女星(しょくじょせい))は、こと座のα星ベガで、夏の大三角を形作っている星です。

おりひめ星にあやかって、はた織りや裁縫(さいほう)の技術が向上するようにお祈りをします。

スポンサーリンク

七夕の飾りの意味

短冊(たんざく)

短冊は毎年当たり前のようにかざられています。

学校でも、もしかしたら短冊をつるすことがあるんじゃないでしょうか。

 

そんな短冊について、どうしてかざっているのかって考えたことはありますか?

そんなこと聞かれても、お願いごとを叶えてもらうためだよーって感じですよね。

 

それでは、短冊に願い事を書くとなぜ願いが叶うとされるようになったのでしょうか。

平安時代になると、さきほどの中国の乞巧奠が日本に伝わりました。

だんだんと、はた織りや裁縫の上達に加えて芸事(げいごと)や書道の上達も祈願するようになっていったのだそう。

そして最終的には、どんな願いごとでも書いていいというようになっていきました。

こうやってみると、短冊に書いて願いを叶えてもらうって、なんだかよくわからないような気もしてきます。

短冊の色によってちがう意味

短冊の色は決まっているって知っていましたか?

短冊に使われる色は、赤・青・黄・白・黒の五色と決まっています。

これらの色は、古代中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)と儒教の五徳に基づいています。

黒は、実際のところ代わりに紫が使われることが多いです。

 

赤は、火を象徴(しょうちょう)します。

五徳の「礼」にあたり、両親や祖先(そせん)といった人への感謝の気持ちをあらわします。

青は木々の緑を象徴します。

五徳の「仁」にあたり、成長や人間力の向上という意味があります。

白は、金(金属)を象徴します。

五徳の「義」にあたり、規則を守ったり義務を果たすという意味があります。

黄は、土を象徴します。

五徳の「信」にあたり、人間関係の向上・ともだちを大切にするという意味があります。

黒は、水(命をはぐくむもの)を象徴します。

五徳の「智」にあたり、学業の向上を意味します。

 

よって、願いごとに合わせた短冊の色を選んで書いてみましょう!

千羽鶴(せんばづる)

千羽鶴は、おともだちが入院したときに、お見舞いに持っていった人もいるかもしれません。

七夕には、祈りや願いごと・健康・病気回復のために作ってかざります。

 

鶴は日本でおめでたいとされる生き物です。

「鶴は千年 亀は万年」ということわざもありますが、長寿でめでたいときに使います。

 

千羽鶴(せんばづる)は「平和」をあらわすものでもあります。

九州では小学校の修学旅行先の定番は長崎。

平和公園では、千羽鶴をささげる折鶴の塔(おりづるのとう)があります。

私も行きましたが、千羽鶴を折って捧げましたよ。

 

千羽だから1000羽きっかりじゃないとダメ?と思うかもしれませんが、そうではありません。

千は、「たくさん」ということです。

紙衣 (かみころも・かみこ)

紙衣は、丈夫な和紙で作っていた着物です。

きもの、着たことはありますか?

女の子の裁縫の腕(うで)があがるようにという願いをこめ、七夕の日に折り紙で折った紙衣を飾ります。

巾着(きんちゃく)

巾着はものをいれるふくろです。

中になにをいれるのでしょうか?

そう、お金です。

七夕には、お金がたくさんたまるように祈るために、折り紙を折った巾着を飾ります。

投網(とあみ)

投網は「とあみ」と読みます。

むずかしいですね。

もしかしたら大人でも読めない方がいるかもしれません。

 

網(あみ)は、お魚をとるものです。

投げる網なので、水の中に投げ広げて、お魚にかぶせてひきあげます。

 

そんな投網を、七夕の日には折り紙で折ってかざります。

お魚をとる道具ということで、投網をかざることには、大漁を願うという意味があります。

また、網なので、「幸せを絡(から)めとる」という意味もあります。

屑籠(くずかご)

いつもゴミ箱にゴミをすてていますよね。

屑籠は、つまりはゴミ箱のことです。

七夕かざりを作るときに出た紙くずをきちんとこの屑籠にいれ、それをつるします。

 

屑籠(くずかご)をかざることには、

  • 整理整頓(せいりせいとん)
  • ものを粗末(そまつ)にしない・いいかげんにあつかわない
  • 節約・倹約を大切に

という願いが込められています。

作るだけ作って放っておかないで、ちゃんとおかたづけしましょうね!

吹き流し(ふきながし)

布などでできている筒を高いところにぶらさげているものです。

5月にかざるこいのぼりも吹き流しの1つです。

紙風船・くす玉に5色のテープを貼り付けて作ります。

織姫に供えた織り糸をあらわしています。

意味がなさそうな吹き流しですが、織姫にちなみ「裁縫が上達するように」と願って飾られます。

提灯(ちょうちん)

提灯は、まわりを明るく照らす道具です。

お家ではふだんつかわなくても、おまつりでは見かけますよね。

このような提灯を七夕にかざることには、「人の心を明るくしてくれますように」という意味がこめられています。

すてきな意味ですよね。

スポンサーリンク

七夕に使われている飾りの意味を子供にもわかりやすく説明!・まとめ

今回は、七夕そのものの説明や七夕が生まれた理由からはじまり、七夕に使われている飾りの意味をなるべくお子さまにも分かりやすく説明しました。

どうでしたか??

家でも、「この飾りにはこんな意味があるんだー」ということを親子で話しながら、七夕の飾りを作ってかざってみてはいかがでしょうか。

小さいころのたいせつな思い出になりますよ。