花菖蒲(あやめ)見頃スポット2019大阪・京都・兵庫編!花菖蒲と菖蒲の違いも

あやめ
スポンサーリンク

5月から6月にかけてが見頃の「花菖蒲・あやめ」。

ここでは、美しい花菖蒲を堪能できる2019年関西の最新スポットを紹介します。

ぜひ、見頃を見逃さず、花菖蒲を満喫しましょう。

スポンサーリンク

「花菖蒲(はなしょうぶ)」・「菖蒲(あやめ)」の違い

スポットを紹介する前に「花菖蒲(はなしょうぶ)」「菖蒲(あやめ)」の違いをご存知ですか。

「あやめ」も「しょうぶ」も漢字にすると「菖蒲」となります。

でも、「あやめ」と「しょうぶ」は全く違う種類なんですよ。

引用http://www.hana300.com/ayame01.html http://www.hana300.com/syobu01.html

左が「あやめ」右が「しょうぶ」なんです。

でも「しょうぶ」の花が咲くと「はなしょうぶ」になるんでしょ?と思っている人いませんか。
実は「しょうぶ」の花が咲いている状態が右なんです。

「しょうぶ」と「はなしょうぶ」は全く違う物なのです。

そして、その「はなしょうぶ」「あやめ」はとてもよく似ているのです。
それも当たり前、「はなしょうぶ」も「あやめ」も同じ「アヤメ科アヤメ属」に属します。

「あやめ」が育てにくく、園芸用に品種改良されたのが「はなしょうぶ」なのです。

引用 http://www.hana300.com/ayame01.html http://www.hana300.com/hanash.html

左が「あやめ」右が「はなしょうぶ」です。

本当にとても似ていますね。

見分け方は「花弁の元のところ」に注目します。
網目状の模様」なら「菖蒲あやめ)」。
黄色い目の形の模様」なら「花菖蒲はなしょうぶ)」です。

しかし、「あやめ」は育てるのが難しく、なかなか関西で大量に見られるとこはありません。

しかし、5月から6月にかけて「花菖蒲」は関西で見頃を迎えます
ぜひ、足を運び、自然の美で心を豊かにしましょう。

スポンサーリンク

見どころスポット 大阪編

城北菖蒲園

城北公園の中にある「城北菖蒲園」は、回遊式の花菖蒲園です。

引用http://www.flower-mirai.net/archives/1603

約250品種、およそ13,000株の花菖蒲が綺麗に咲き誇ります。

今年の見頃予想は、6月上旬~6月中旬です。

<情報>

園に駐車場はありません。

市バスを利用するのが、いいと思います。

「梅田」より市バス34号系統「守口車庫前」行きに乗車、「城北公園前」下車
「都島」より市バス10号系統「守口車庫前」行きに乗車、「城北公園前」下車

開園期間:5月下旬~6月中旬(予定)
開園時間:午前9時30分~午後5時(入園は4時30分まで)
入園料:大人200円

http://www.osakapark.osgf.or.jp/shirokita/

山田池公園

 

https://4travel.jp/travelogue/11366692

約140種 10,000株の花菖蒲を鑑賞できます。

6月に入ると、ライトアップもされています。

今年の見頃予想は、6月上旬~6月中旬です。

 

<情報>
入園は無料です。

有料駐車場があります。

山田池公園管理事務所
〒573-0167 枚方市山田池公園1-1
TEL 072-851-4761
FAX 072-851-4762

http://yamadaike.osaka-park.or.jp/

城山古墳小山花菖蒲園

史跡である「津堂城山古墳」の東側の周壕部分に、藤井寺市花菖蒲愛好会の皆さんが毎年お世話しておられます。

引用https://www.kanponoyado.japanpost.jp/tondabayashi/blog/92278/index.html

花菖蒲約3000株が綺麗に咲いています。

今年の見頃予想は、6月上旬~6月中旬です。

<情報>

駐車場はありません。

入園料は無料。

大阪府藤井寺市津堂

詳しくは、「都市整備部 農とみどり保全課」に問い合わせください。
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所4階46番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1228 (農政公園緑化担当)
ファックス番号:072-952-9504

https://www.city.fujiidera.lg.jp/rekishikanko/sekaiisan/kofunbyseasons/1387262890699.html

スポンサーリンク

見どころスポット 京都編

京都府立植物園 はなしょうぶ園

京都府立植物園の中に「はなしょうぶ園」があります。

引用http://ciba.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-7fde.html

「端正美麗な江戸系」「優雅な伊勢系」「雄大で豪華な肥後系」をテーマにを花菖蒲を楽しめます。
約150品種、1万株の花菖蒲をぜひ見に行きましょう。

<情報>

【開園時間】 午前9時から午後5時まで(入園は午後4時まで)

入園料200円

有料駐車場あり

京都府立植物園
〒606-0823
京都市左京区下鴨半木町
電話:075-701-0141

https://www.pref.kyoto.jp/plant/11900025.html

平安神宮神苑(へいあんじんぐうしんえん)

有名な「平安神宮」の日本庭園「平安神宮神苑」です。

引用http://hangar7.jp/hana-syoubu/drive-kakitubata-heianjingu.html

日本古来の品種ばかり200種・2,000株が咲きます。

数としては、他の見どころよりかなり少ないです。

しかし、この「平安神宮神苑」は、明治の有名な造園家7代目小川治兵衛らの手になるもので、完成された調和を楽しむことができます。

「花菖蒲」だけでなく「日本の美」に触れたいと思うなら、ぜひお薦めです。

<情報>

駐車場はありません。

「平安神宮前」行きのバス利用がお勧めです。

拝観料 600円

拝観時間  午前830午後530分(受付は午後5時まで)

(花菖蒲が見頃の季節の時間です。季節によって拝観時間は違います。)

〒606-8341   京都市左京区岡崎西天王町97
TEL:075-761-0221 / FAX:075-761-0225
http://www.heianjingu.or.jp/shrine/garden.html

見どころスポット 兵庫編

悲しいお知らせです。
兵庫だけでなく、日本でも最大規模を誇る「永沢寺花しょうぶ園」2019年6月1日より園内整備(植え替え等)で休園されるそうです。
本当に残念です。

尼崎農業公園 ハナショウブ園

引用http://kobe.travel.coocan.jp/amagasaki/nougyokouen_hanashoubu.htm
約70種、約20000株の花が楽しめます。
今年の見頃予想は、6月上旬~6月下旬です。
ここの特徴は花菖蒲が「3か所」に分かれているところです。
それぞれに趣の違いを味わってください。
<情報>
有料駐車場あり。(午前7時から午後7時)
園は、年中無休・24時間オープンの公園です。
入園料も無料です。
兵庫県尼崎市田能5丁目12-1
問い合わせは「経済環境局 経済部 農政課」まで。
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館5階
電話番号:06-6489-6542
ファクス番号:06-6489-6790
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/parks/083nougyoukouen/index.html

須磨離宮公園 花しょうぶ園

引用http://kobe.travel.coocan.jp/kobe/rikyu_hanashoubu.htm
約60種4,000株の花菖蒲が咲き誇ります。
今年の見頃予想は、6月上旬〜中旬です。
毎年その頃に「花しょうぶ観賞会」も催されます。
もう1つこの「須磨離宮公園」の特徴は、「バラ園」です。
「花菖蒲」の見ごろと同時期に咲くバラもあります。
ぜひ、そちらも見てくださいね。
<情報>
有料駐車場あり
入園料 15歳以上(中学生を除く) 400円
9:00〜17:00(入園は16:30まで)
毎週木曜日(祝日の場合は翌日)
〒654-0018 神戸市須磨区東須磨1-1
TEL. 078-732-6688 FAX. 078-734-6022
https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/
スポンサーリンク

梅雨の時期ですが、お出かけしましょう

引用http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-519.html
5月下旬から6月にかけて梅雨シーズンになり、お出かけがちょっとしにくくなるかもしれません。
しかし、まさにそのシーズンが「花菖蒲」の見ごろです。
雨に濡れた「花菖蒲」も素敵ですよ。
ぜひ、お出かけくださいね。